【鹿島 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:川崎フロンターレとの奇妙な縁。金森健志、いざ出陣

2017年5月18日(木)


「このたび、アビスパ福岡から完全移籍することになりました金森健志です」

緊張した面持ちで新体制会見に臨んでいた姿から早くも4ヶ月が過ぎようとしている。

「このすばらしい歴史のある鹿島アントラーズというクラブに入れたことを感謝して、その誇りを胸にプレーしていきたいと思います。そして、去年よりも必ず良い結果を残せるよう、自分の力をすべて出し切りたいと思います」

そう言って期待に胸を膨らませて深紅のユニフォームに袖を通したが、先発出場したのはACLブリスベン・ロアーFC戦のみ。思うような結果が出せないまま、時間が過ぎてしまった。

だからこそ、リーグ戦初出場初先発の機会は待ち望んだ舞台でもある。怪我人が続出する鹿島を救うべく金森に白羽の矢が立てられた。

「練習から試合に出るためにやってきたことをやるだけ。前回負けたのもあるので自分が流れを止めて勝利をもたらすために死ぬまで走りたいと思います」

前を向いてドリブルを仕掛けていく。コースが空いたら少し遠い位置からでも思い切ってシュートを放つ。そのドリブルの力強さとシュートインパクトの強さは、金崎夢生を横に置けば鹿島のなかでは金森にしかない武器だ。昨季、福岡では公式戦で7得点。その特長をさらに花開かせるため鹿島への移籍を選んだ。

「試合に出られないのはやっぱり悔しいです。でも、移籍してきたただ単純にサッカーが上手くなりたいと思っています」

練習後、柳沢敦コーチとシュート練習に励むのがいつしか日課となっている。

昨季、金森健志が川崎Fから2得点を奪っていなければ、鹿島がリーグタイトルを獲得することもなかったかもしれないし、金森自身が鹿島に来ることもなかったかもしれない。

そして、今回も川崎F戦で先発の機会が巡ってくるとは何かの縁だろう。

「昨季のことは忘れて、次は鹿島の選手として川崎から点を取れればと思います」

やっと巡ってきたチャンスに金森は燃えていた。

文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第12節
5月19日(金)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ