【甲府 vs 広島】 ウォーミングアップコラム:可能性を広げ信頼感を高める新里亮

2017年5月19日(金)



「浦和のように調子の良いチームとやるのも難しいけど、広島のように力のあるチームが危機感を持ってくるのは難しい。結果が出ている・出ていないに関係なく広島だと思って戦いたい」

ここまでのリーグ戦11試合(先発8試合)すべてにDFとして出場している新里亮。水戸から移籍してきて2シーズン目。甲府の選手では数少ないスピードのある選手だが、1年目は思ったほど試合出場機会も評価も得られなかった。吉田達磨監督を迎えた2年目、吉田監督は新里の可能性がまだ広げられると見て使い続けている。そして、新里もそれに応えている。前節の横浜FM戦(0‐1●)前には、「(齋藤)学に(新里)亮がぶち抜かれることもあるかもしれない。でも失敗しないと学べないから許容している。失敗すれば誰かがカバーすればいい」という趣旨の話をしている。横浜FM戦ではそういうシーンはなく、松橋優が主にマッチアップして、組織として齋藤に局面を打開されるシーンはなかった。DFとしての貫禄とまではいかないものの、やらせない雰囲気は出てきた。

「試合に出続けて自分のプレーが変わってきたというよりも、出続けることで試合の中での余裕が取り戻せつつある」という。去年は、慌てる場面や1対1で決定的な場面を作られることもあったが、今季はそういう場面はほぼない。今節も柏好文というスピードとキレ、そして粘り強さを持つサイドアタッカーをマークすることになる。WBの松橋との連携ではあるが、右サイドをどう抑えるのか。ボールの奪い方、そして攻撃参加。まだ知らない新里の能力を見せてくれることを楽しみにしたい。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J1リーグ 第12節
5月20日(土)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs サンフレッチェ広島