【G大23 vs 盛岡】 ウォーミングアップコラム:尊敬する先輩・宇佐美貴史の言葉を胸に。

2017年6月17日(土)


MF妹尾直哉(写真)は開幕戦こそ怪我で出遅れたものの、3節の鹿児島ユナイテッド戦で今季初先発を飾ったのを皮切りに9試合続けて先発出場を続けている。残念ながらチームとしては11試合を戦って未だ1勝しか挙げられていないが、個人的には様々な手応えと課題を感じながら、『成長』を求めた日々を過ごせていると言う。
「アカデミー時代まで遡っても、ここまで勝てないのは初めてですが、内容的にはいい試合もありますから。前節もセットプレーで2発やられましたが、崩された得点ではなかったと考えても決して悲観することはないと思う。またスタートから『育成の場』だと言われていた中で、約半年経って、手応えに感じられることも増えてきた。去年と比べてもJ3の中では力負けする部分も減ってきていますしね。ただ、このカテゴリーで通用する選手になることが目標ではないからこそ、常にトップを意識したプレーは普段の練習から心がけています。あとはそれをチームとしても、個人としても結果に結びつけること。個人的には、調子もあがってきているし、シュートを打てる場面も増えているので、それを明確な得点につなげていきたい。また、そのためにもチームとしてのコンビネーションの部分でもっと連携を深めなければいけないと思っています」

コンビネーションで課題だと感じているのは、攻撃の組み立ての部分。全体的に後ろが重くなり、高い位置でボールを奪って攻撃につなげるという戦い方がなかなかできない現実を克服できるかが、攻撃バリエーションを増やすことにも繋がると考えている。
「もう少し守備ラインからうまく前に運べるようになれば、ボランチももっと高い位置から狙ったパスを入れられるはず。また、相手のシステムと自分たちのシステムを考えた時に、必ず有効なポイントが出てくると思うので、そこを個々の選手がしっかりと頭を使って狙えるようになれば、自ずと結果も出てくるのかなと思っています」

数日前、ドイツから帰国中で、尊敬する先輩、宇佐美貴史(FCアウクスブルク)と久しぶりに食事をする時間に恵まれた。その際、宇佐美が話していた言葉に、改めて奮い立たされたそうだ。
「あれだけ才能のある宇佐美くんが『世界は広い。18〜19歳でもすごい選手がウジャウジャいるぞ』と言っていましたからね。宇佐美くんの技術をもってしてもそう感じるのなら、自分なんて、ホンマにまだまだだと思ったし、改めて、もっとすべてのことを死に物狂いでやらなければいけないと感じました」

その思いを胸に挑む今節。3試合ぶりのホーム戦にも決意を強くする。
「盛岡戦は1:1の局面が多くなるはずなので、そこで個々が上回れるかがキーになると思っています。今年はまだホームで一度も勝った姿をみせていないし、もっと魅力的なサッカーをしないと、お客さんも集まらない。そこは引き続き追求していきたいと思います」

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第13節
6月18日(日)18:00KO 万博
ガンバ大阪U−23 vs グルージャ盛岡

スタジアムナビ

スタジアムナビ