【鹿児島 vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:誰からも愛される鹿児島のシンデレラボーイ 川森有真の魅力

2017年9月8日(金)


最近注目の鹿児島ユナイテッドFCの“シンデレラボーイ”といえば、日焼けした笑顔が眩しいFW川森有真(写真)だろう。

川森は前半の最終戦である明治安田生命J3リーグ第17節の相模原戦で今季初スタメンを果たし、初ゴールを決めた。“川森選手がスタメンに入るようになったあの試合から鹿児島の快進撃がはじまった”というイメージを持つサポーターも多いだろう。「チームとしても自分個人としてもあの試合は大きかった」と川森自身も振り返る。

チームに求められている役割について「裏への抜け出しや、前線で相手を惑わすこと。チャンスでどれだけ絡んでいけるかが重要」と川森は語る。今季前半戦ではなかなかピッチに立つチャンスはなかったが、その中でもチームに必要なことは何なのかずっと分析していたというのだ。監督が話すことや、客観的に試合を見る中で自分なりにチームに何が必要なのかを考えながら、いつか来るチャンスを信じて努力を続けた。

三重県出身の川森は小学生の頃から全国大会に出場するなど、才能溢れるサッカー人生を送ってきた。サンフレッチェ広島のユースを経て東洋大学へ進学。当時関東2部リーグに所属する東洋大学で技術を磨き鹿児島ユナイテッドFCに加入した。U18日本代表にも選ばれた経験もあるいわゆる“エリート”川森にとって今季試合に出られていなかった前半の時間はどんな時間だったのだろう。

「試合に出られていない時でも“いつかはチャンスがくる”と思いながらやっていましたし、サッカーをやっている時はいつも楽しいです」と屈託のない笑顔で話してくれた。

「うまくいかへん時があっても、ここを我慢したら抜け出せるなって。高校の時も大学の時も、そういう時あったので。」川森の本音だろう。思わず出た関西弁にそう感じた。

 川森は選手からも人気のあるいじられキャラでおなじみだが、彼の驚くほど素直で真っ直ぐなところ、人をそして自分を信じて努力するところが魅力なのだろう。「応援したくなる!」そう思わせてくれるのだ。

今節栃木SC戦は鹿児島にとって大切な戦いとなる。“シンデレラボーイ”川森有真の活躍にも注目して欲しい。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
9月9日(土)18:00KO 鴨池
鹿児島ユナイテッドFC vs 栃木SC