【北九州 vs 福島】 ウォーミングアップコラム:クリーンシートに貢献する石神直哉。「質」と「判断」研ぎ澄まし、今季初の3連勝へ

2017年9月8日(金)


2試合連続でクリーンシートの快勝を収め、J2再昇格に向けて北九州が上昇気流に乗りつつある。この2戦をサイドバックで先発したのが石神直哉(写真)だ。今季はポジション争いが激しく定位置を奪い返せていなかったが、難しい試合が予想される秋以降の戦いを見据え、石神が存在感を増しつつある。

北九州は夏場以降、攻守でフォーメーションを変化させるなど戦術を高度化。原田武男監督は各選手にクレバーなポジショニングを求める。運動量と適切な判断が必要だが、石神は「試合に出ていなかった時でも練習試合からやっていた。ボランチから前の選手たちのほうが大変な部分もあるが、試合ごとに僕も微調整してきていて、良くなってきている」と語り、新戦術にはすぐにフィットした。ただ、石神は戦術だけでなく個人の部分にも力点を置く。「失点はゼロに抑えなければいけない。個人個人の判断で守れるところもあれば、やられるところもある。(チームとして)大きく修正したところはないが、個人の局面での判断が大事だ」と個のレベルアップも強調した。

J1やJ2でプレーしてきた石神にとって、このJ3リーグは初めてのカテゴリー。「J2は守備的なチームもあるが、J3は降格がないし昇格できないチームもある。その分、J2よりも攻撃的で、自分たちのやりたいサッカーを使って、モチベーション高くサッカーをしてきている」。J2では時になりふり構わず引き込んで勝点を拾わなければいけない状況もある。しかしJ3では、勝点を失ったからといって降格があるわけではなく、監督の狙うサッカーを落とし込みやすい。これがJ2から降格してきたチームが飲み込まれてしまう渦であり、北九州も序盤戦は抜け出せなかった。

すでにリーグは後半戦に入っている。6位の北九州が昇格圏内に入るには、渦に捕まらず、J2時代同様に勝点を目に見える形で積み上げていかねばならない。2度目の対戦となるチームの対策が進むことも予想され、石神は「相手のミスで助かってくる部分はある。なるべく危ないシーン自体を作らないようにしたい」と引き締める。

今節はホームで福島と対戦する。前回対戦でも快勝しているが、やはり福島も目指すサッカーの形を持ち、モチベーションは高い。石神は上昇のカギとして質へのこだわりを説いた。「守備においても最後のところでしっかり守る。攻撃でも最後の質。いいボールを出す。いいクロスを送る。そしてそれをしっかり決める-。チャンスはある。決めるか決めないかだ」。今節は3連勝も懸かる。J3を戦い抜くための潮流に棹を差し、勢いを持ってJ2に戻るべく、経験値高い石神が本領を発揮する。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
9月9日(土)18:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs 福島ユナイテッドFC