【鹿島 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:負けて知ったタイトルの重み

2017年9月8日(金)


タイトルの重みは獲得したときだけに感じられるものではない。1つのタイトルを逃したとき、クラブ全体がどうやってその事実を受け止めるのかによっても感じることができる。

今季、福岡から移籍してきた金森健志(写真)にとって、ルヴァンカップを敗退し一つのタイトルを失ったことを再確認する監督やチームメイトの姿は、新鮮に映ると同時に、鹿島というクラブに課せられた使命とタイトルを取る意味を改めて感じる瞬間だった。

「ルヴァンで負けてしまって、一つのタイトルを失って締まった。そこをチームで再確認しました。重みのあることだった」

だからこそ、次の一戦にかける気持ちは強くなる。

「1位の座をどこのチームにも渡さないようにしたい」

残り10試合となったリーグ戦のタイトルを獲得するため、このまま首位の座をキープすることを誓う。

レアンドロが出場停止ということもあり再びチャンスが巡ってきた。前回リーグ戦で先発したときは川崎Fに1-3の完敗を喫した。チャンスを掴むのはそれ以来となるポジションは前回と同じFW。紅白戦ではゴールに向かう姿勢だけでなく献身的にボールを追い続けた。

「一番は気持ちの部分だと思う。球際などで相手を上まわることをやりたい。最初から先のことは考えずに飛ばしていきたい」

雌伏の期間は、黙々と二部練習に打ち込んできた。

「焦りはないです。試合に出るためにやってきたのですごく楽しみです。このチャンスを得るためにやってきたのでその気持ちを表したいです」

負けて知ったタイトルの重み。次は、勝ってその重みを喜びに変える。

文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第25節
9月9日(土)18:30KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 大宮アルディージャ