【YS横浜 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:「点を取るのも自分次第」仲村京雅がYSCCのリズムを変える

2017年10月7日(土)


巧みなボールタッチ、正確無比な左足。さらに切り込んでからの一発。仲村京雅(写真)がここ4試合スタメン出場し、調子を上げてきている。

「あまり自分がスタメンで出ていなかったので、ここにきて心の余裕というか、試合慣れというか。視野も広がってきた」。落ち着いてプレーすることによって、ドリブルで運ぶだけでなく、サイドチェンジで局面を打開することも増えてきた。その中で、やはり求められるのは“違いを生む”こと。YSCCの良さであるボールポゼッションのリズムに仲村のアクションが加われば、攻撃にどんどん厚みも増し、ダイナミックになっていくだろう。「自分的にはもっと仕掛けたい。あとはどれだけバイタルとかペナ角でもらえるか」。自らの特長、ストロングを存分に発揮することで、押し込むパワーが必然的に上がる。

ただ、良い部分が出ると同時に課題も出てくるのは世の定め。特に前節・沼津戦は自省が尽きなかった。判断の遅れから中盤で簡単に奪われて一気にカウンターを食らうなど「目に見えるミスが多かった」。そして映像でもう一度動きを確認すると「本当に自分は攻から守の切り替えが遅い」「完全に点を取れるラストパスがまだ足りない」といくつも浮かび上がってくる。だが、成長する過程において確実に必要なこと。この課題を一つひとつクリアすることによって、彼の背中はどんどん大きく逞しくなっていくだろう。

そして迎える北九州戦。「やりやすいイメージはある。自信を持って自分たちがボールを持ち続けて、ゴールを狙っていく持ち方を意識すれば勝てる」。自身にとっても今節はプロ初ゴールを決めた相手ともあって相性は良いはず。あの日決めたゴラッソは強烈な左足から放たれ、鮮やかな放物線を描いた。あのときからまたプレーに磨きがかかっているだけに、再びゴールを奪う姿に期待したい。

「点を取るのも自分次第。そこは天狗になるわけではないけど、すごく自信を持ってやっていきたい。ミドルを狙っていきます」

強い意思を持ち、“結果”にこだわってプレーする仲村が大胆かつ靭やかな左足で北九州の牙城を切り崩す。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第26節
10月8日(日)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs ギラヴァンツ北九州

スタジアムナビ

スタジアムナビ