【川崎F vs G大阪】 ウォーミングアップコラム:阿部浩之が古巣のG大阪戦で先発復帰へ

2017年11月17日(金)


負傷のため戦線離脱を余儀なくされてきた阿部浩之(写真)が次節のG大阪戦での先発復帰を視野に入れている。練習では先発組でプレー。複数のポジションで試されておりコンディションも回復基調にあるようだ。

「ちょっとずつ感覚も良くなってきてますし、そういう意味では色んなプレーができるかなと思いますけど」と話す阿部は9月23日のJリーグ27節の神戸戦で負傷しており治療を続けてきた。すでに先日行われたルヴァンカップ決勝で途中交代出場して公式戦では復帰しているが、先発復帰となると負傷した神戸戦以来のこととなる。また等々力でのリーグ戦に限定すると、9月9日の横浜FM戦以来およそ2ヶ月ぶりの先発ということになる。

最終的にどのポジションで出場するかは試合当日にならなければわからないが「どっち(どのポジションで出る)にしてもチームとしてやるべきことをやるだけです」と意に介する様子は見られなかった。

その阿部は今季はここまでリーグ戦では9ゴールを積み重ねており、二桁得点まであと1点に迫っている。そういう意味でゴールが待望される状態にあるが、阿部は今季これまでそうだったように、個人の記録はさておきチームの勝利を最優先するという姿勢を変えていない。ただ、前線で起用される以上点に絡むのは当然というスタンスも変えておらず「個人としてはゴールを取れるように。アシストできるように、ゴールに絡めるようにプレーするだけです」と話していた。

ちなみに今節対戦のG大阪は前所属チームということで特別な思いがあるとのことで、その戦いについて「気になりますし(試合を)見る回数は多いです」と述べる。逆に言うと今季の試合運びは把握できおり、そういう意味で「どういうプレー(をするのか)というのも頭にはあるので。相手の良さを出さずにこっちの良さを出せるゲームができればなと思います」と話している。

首位の鹿島の有利な立場は変わることはないが、少なくとも勝ち点3を積み上げることができればリーグタイトルの可能性はつながる。勝利のためにも阿部の活躍に期待したいところだ。

写真・文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第32節
11月18日(土)14:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs ガンバ大阪

スタジアムナビ

スタジアムナビ