【甲府 vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:「人事を尽くして天命を待つ」

2017年12月1日(金)


「人事を尽くして天命を待つ」

この心境で最終節、ホーム山梨中銀スタジアムで仙台に挑む甲府。そして、今シーズン限りで引退を決めた石原克哉(写真)は想いをチームメイトに託す。「自分の引退よりもチームがJ1に残留する方が大事。引退を決めるときにいろいろ考えたから寂しい気持ちになったけれど、今はスッキリしています」と言う。

現役最後の練習となった12月1日(@山梨大学医学部G)は普段通りに練習をこなし、セットプレーの確認では控え組の一人として仮想仙台の側に回って主力組にプレッシャーを与え、練習の強度を高めた。「これで練習をするのも終わり。最後は堀米(勇輝)とボールを蹴って終わりました」。公言はしていないが、代々山梨出身の選手が背負ってきた「背番号7」を堀米に受け継いでほしいと思っていることは間違いない。堀米自身は先発と控えに回る時期の両方があり、思ったように貢献できたシーズンではなかったと感じているはずだが、最終節に出場のチャンスが回ってくる可能性は十分にある。

最終節、石原はチームの行方を仲間に託すことになりそうだが、堀米への期待はその中でも大きいはずだ。どんな試合展開になって、どんな結果が待っているのかは分からないが仙台に勝ち、神戸vs清水の結果を待つだけ。前提条件の“仙台に勝つ”ということが容易ではないだけに、「選手、吉田達磨監督、ファン・サポーターを信じていい戦いができるようにしたい」という思いで今週の練習をやり抜いてきた。ピッチに立つことがなくても気持ちはピッチで戦っている。プロ生活17年間、甲府一筋のレジェンドは静かに最終節を迎える。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J1リーグ 第34節
12月2日(土)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs ベガルタ仙台
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報