【2018シーズン始動!】千葉:2018キックオフフェスタでの出席者コメント(1)

2018年1月7日(日)

1月7日(日)千葉の2018キックオフフェスタが行われました!コメントは以下のとおりです。
2018シーズンシート・ファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



●前田英之代表取締役社長:
「皆さん、新年あけましておめでとうございます。昨シーズンは私どものチームを皆さんの声援で後押しをしていただきましてありがとうございました。昨シーズンは20万9,000人のお客様にリーグ戦にお越しいただきました。本当にありがとうございました。残念ながら平均入場者数1万人をやや割り込む結果となりましたが、さらに、さらに私たちがチームの魅力、そしてこの闘う姿勢をもっと多くの方に知っていただくことで、常に満員のフクアリを今年は実現していきたいと思います。ただ、私たちも頑張りますけど、ぜひ皆さんのお力添え、お声掛けがあって、連れだってスタジアムに来ていただくことが何よりの力になります。ぜひ今年1年、私たちに熱いご声援をお寄せいただければと思います。
今日は(ゼネラルマネージャーの)髙橋(悠太)、そして監督の(フアン)エスナイデルから今シーズン、ジェフがどのように成長していくかという話を皆様方にさせていただきたいと思います。私たちはジェフユナイテッドクラブとして闘う集団になるんだということを今シーズンもしっかりとぶれずに追求していきたいと思います。昨年、皆様にご覧いただいたサッカーにさらにさらに磨きをかけ、初めて見に来た人も、そして古くからジェフを愛してくださる人も共に興奮し、そして感動し、一緒に悔しがれるような熱いチームを作っていきたいと思います。何卒皆さんの後押しで、そして私たちがユナイトして一つになって、このジェフのエンブレムをもう一度輝かせるシーズンにしていきましょう。1年間どうぞよろしくお願いします」

●髙橋悠太ゼネラルマネージャー:
「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。まず始めに昨年は本当に大きなご声援をありがとうございました。チームとしてもシーズンの最後に(J2リーグ戦で)7連勝できたことは本当にフクアリの雰囲気ですとか皆様の本当に温かいご声援があってこそだと思います。自分たちもまた今年もあの雰囲気を作れるようなスタイルを目指して頑張っていきたいと思いますので、今年もご声援をよろしくお願いします。
私のほうから編成に関しての説明をさせていただきます。まず2017年については、私どもはまずジェフのサッカーのスタイルの確立ということを1つ大きな目標に掲げて、そのスタイルの確立を目指しました。もう1つが選手自身のプロフェッショナリズムをいかに変えていくか、プロフェッショナリズムの徹底との2つに対してクラブとして着手をしていった1年になります。もちろん最終的にJ1昇格を逃すことにはなりましたが、選手の意識改革やジェフのサッカースタイルの確立というのは、クラブとしてはある程度できたのかなというふうに思っています。
それを受けての2018年ですが、1つは2017年の継続をするということ。もう1つはその継続したものをいかに進化させていくかということを今回の補強のテーマにあげて、年末、現在も動いています。継続に関しては、本当にキム ボムヨンの件に関してはすごく残念なのですが、昨年のシーズン終盤にチームに勢いを作ってくれた熊谷アンドリューや矢田旭、為田大貴が早くにチームに残るということを決断してくれて、今回、完全移籍という形でチームに残ってくれました。そういう意味では、チームの戦力の継続ということに関しては少なからずできたんじゃないかなと思っていますし、あとは監督やコーチングスタッフを継続することによって、昨年のシーズン前半に本当にクラブも含めていろいろチャレンジする中で試行錯誤していた時間というのを、今シーズンは最初から短縮してより勝つためのチームを作るために時間を割けるということは、1つ継続の大きなポイントかなと思っています。
もう1つの進化に関しては、今年の補強を各ポジションにより高い競争力を持たせる形で選手を選んで編成しています。もちろん昨年にレギュラーで出ていた選手もそうですし、試合に多く出ていた選手のところにやはりもう一歩高いレベルの選手をかぶせることによって、より高い競争で競争力に勝った選手がやはりジェフのユニフォームを着て試合に出る。そういうことを続けていくことによって、例えばシーズン中のアウェイでの勝率の悪さや安定感のなさといったところを、まずはその競争に勝って自信を持った選手がプレーをすることによって、より高いメンタリティを持った選手の集団にまず変えていきたいと思っています。
それから補強に関しては、昨年のこの場で「すみません。間に合っていません」ということをお伝えしたのですが、案の定、今年もまだ外国籍選手が交渉中で、もう少し時間をいただければなと思っています。あと1週間、2週間くらいで、今、交渉している外国籍選手がジェフに合流できるのかなと思っています。補強に関してはキャンプが始まる前まで継続してやっていきたいと思っています。監督とも1年を通じていろいろ補強の話はしているんですけども、本当にいい選手がいれば今年に関しては積極的に獲得に動いていきたいなと思っています。
昨年の冒頭にちょっとお話しさせていただいたとおり、強化費の整理も少しずつついてきて、今年は本当にチャレンジを補強でもどんどんどんどんしていきたいなと思いますし、今のジェフのスタイルを確立することと、今のジェフのスタイルをもっと進化させていくことでJ1昇格より現実的に見えてくるなとクラブとしても考えています。今年はフアン エスナイデル監督がやっていることをクラブとしてもっと協力して、クラブとしてもっともっと高いレベルに持って行くべく強化としても頑張っていきたいなと思っています。
最後になりますが、今年もホームでは本当に全勝するつもりでやりたいと思いますし、アウェイでの勝率も当然上げなければいけないと思いますが、サポーターの方がチームを本当に昨年の最終節も含めてより高みに持ってきてくださったなとクラブとしても本当に実感しているので、今年も昨年以上に熱くて暖かい応援をお願いしたいなと思います。今年もよろしくお願いします」

●フアン エスナイデル監督:
「おはようございます。明けましておめでとうございます。まず去年、皆さんに応援していただいたことを本当に感謝しています。ホームで試合をさせていただいた時のあの雰囲気は本当によかったと思っています。アウェイでも試合に駆け付けてくださったファンの方たちにはありがとうございます。2つ目に今、作り上げているチームにたいへん満足しています。クラブがいなければいけない場所にもう一度行きたいと思っています。もちろんサポーターの方々と一緒にそこに行きたいと思います。
去年に関してはジェフユナイテッドというクラブをよく知ることができました。このチームを率いることができて本当に幸せに感じています。チームの選手とスタッフに関しては、皆さんに胸を張ってジェフだと言えるようなチームにしたいと思っています。一緒に大切なものを獲得できるようにやっていきたいと思います。去年に関しては僕らが目標にあげていたJ1昇格に近づいたんですけど、残念ながらできませんでした。
今年に関しては、J1昇格のためにも皆さんの応援が必要不可欠だと思っています。今一度クラブのサポートに感謝しています。クラブの皆さんとサポーターの皆さんと一緒に目標を達成したいと思っています。今年1年をいい年にしたいと思います」

【新コーチングスタッフの挨拶】
●エミリオ ロペス フェルナンデスGKコーチ:
「皆さん、おはようございます。この場所にいられてとても幸せです。自分の持っている経験を精一杯伝えていければと思います。ここで日本で働くということは自分にとって素晴らしい機会だと思うので、GKにとっても素晴らしい経験になるように自分の経験を伝えて、そしてチームの目標であるものを達成できるように、そこで貢献できればと思っています。よろしくお願いします」

出席者コメント(2)はコチラから!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで千葉のホームスタジアム「フクダ電子アリーナ」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)

スタジアムナビ