【2018シーズン始動!】金沢:新体制発表会見での出席者コメント

2018年1月12日(金)

1月12日(金)、金沢の新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



●西川圭史代表取締役GM
「またこういう風に皆様とお会い出来るのを大変嬉しく思っております。昨年は残留を目標に掲げて、シーズンが終わったときに「残留できて良かったね」というお声がけを頂いて、我々としてもそれを素直に受け止めて「ありがとうございます」ということでやってきました。ただ今年は、もちろん厳しいリーグですので、まず残留ということは絶対に忘れてはいけないことなんですけども、さらに上を目指してやっていきたいという風に考えています。柳下監督の下、一年やって終盤はだいぶ良い形になってきたことは、皆さんも感じていらっしゃったのではないかと思います。そこにしっかりと上乗せをする補強を。そして、少し弱まった部分についてもしっかりと補っていくと。そういうことを目標にオフシーズンは補強をしてまいりました。詳細は和田本部長の方からあると思いますけど、我々としては思い通りの補強ができたのではないかと思っております。今年はインタビュー等々でも監督も答えていますように、昨シーズンは勝点49でシーズンが終わりましたけども、勝点10ずつ上乗せできるような今後のチーム作りをやっていきたいと思っています。10乗せられれば(勝点)59、60近くというところで、中位からあわよくば一桁、そういうところを目指せるのではないかと。さらに翌年10積み上げられれば、(J1昇格)プレーオフが視野に入ってくる。そういうビジョンで戦っていきたいと思っております。本当に頼もしい面々が入ってくれたと思っていますので、是非皆さんにも期待して頂きたいと思っていますし、私自身も開幕を待ち遠しく思っています。今日は是非新しい選手を覚えて帰って頂いて、皆さんと期待を膨らませながらシーズンをスタートできたらと思っております。本日は誠にありがとうございます」

●和田昌裕強化・アカデミー本部長
「改めまして皆様明けましておめでとうございます。今日は本当に足元の悪い中、たくさん集まって頂き、ありがとうございます。昨年、柳下体制一年目、戦術の浸透になかなか時間がかかったシーズンでした。ただ、終盤、7試合負けなかった。今年に向けて非常に良い終わり方ができたのではないかと思っています。ただ、昨年よりも順位を上げていこう、良いチームにしていこうということを考えれば、補強をしていかないといけない。皆さんもいろいろ心配をしていたと思うんですけど、まずはレンタルの選手をいかに留めるかというところに、田端強化部長と話し合いながら、パーフェクトではありませんでしたけども、たくさんの選手が残ってくれました。そして去年よりも全体の底上げ、あとはチーム内の競争をもっともっとやっていかないとチーム力は上がっていかないというところで、今回新卒も含めて補強をしてこれだけ素晴らしい面々が集まってくれました。補強がどうだったかというのは、シーズンが終わってから最後に評価されることだと思います。ただ、今シーズンは非常に楽しみなシーズンになりそうなメンバーが集まってくれた。去年からいるメンバーにプラスアルファ、ここにいるメンバーが加わって、よりチーム力をアップして、いきなりプレーオフや昇格まではいかないにしても、少しでも上位を目指せるようなチームを、これから柳下監督にバトンタッチをして、練習も非常に厳しくやると監督も言っていましたので、そこに皆さん付いていってもらって、ツエーゲン金沢が皆さんからより注目されるようなチームに今年一年かけて作り上げていきたいと思っています。将来的にはやはりJ1というものを目標にしていかないといけないので、そのステップというところでクラブにとって飛躍の一年になろうかと思います。今年一年、我々クラブ一丸となって戦って参りますので、是非皆さんも一緒に戦って下さい」

●アラン選手
「讃岐から移籍してきましたDFのアランです。一日でも早くチームの戦術を理解し、その中で自分の特徴であるスピードをしっかりマッチできるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

●マラニョン選手
「私の名前はマラニョンです。タイのスコータイというチームから来ました。金沢に来られたこと、このチームの一員になれることをすごく嬉しく思っています。始動が待ち遠しく、早く開幕が来てほしいくらいで、金沢の力になれるように頑張りたいです。みんなで一丸となって勝利に向けて戦って、金沢ができるだけ高い順位にいられるようにやりたいと思います」

●清原翔平選手
「徳島ヴォルティスから来ました清原です。まずは、ただいま。また皆さんと一緒に戦える日が待ち遠しいです。良い形でシーズンを迎えられるように、これからキャンプもありますし、みんなで良い連携を取って開幕を迎えられたらと思います。今年もよろしくお願いします」

●梅鉢貴秀選手
「アントラーズから来ましたMFの梅鉢です。必要としてくれたチームに貢献できるように、目の前の試合に勝てるようにしっかり準備したいと思います。よろしくお願いします」

●藤村慶太選手
「ベガルタ仙台から移籍してきました藤村慶太です。早くサポーターの皆様の前でプレーすることを楽しみにしています。チームの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

●谷口遼弥選手
「ツエーゲン金沢U-18から加入しました谷口遼弥です。ポジションはFWです。地元のチームなのでサポーターから愛されるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

●島津頼盛選手
「興國高校から来ました島津頼盛です。ポジションはFWです。少しでも早くチームの力になれるように頑張りますので応援よろしくお願いします」

●毛利駿也選手
「順天堂大学から来ました毛利駿也です。ポジションはDFです。今シーズンの抱負としてはコンスタントに試合に出て、一つでも上の順位にいけるようにチームに貢献していきたいと思っています。よろしくお願いします」

●加藤大樹選手
「レノファ山口から来ました加藤大樹です。MFです。僕の持ち味はドリブルと前への推進力です。その持ち味を発揮してチームの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」

●山本道義選手
「びわこ成蹊スポーツ大学から来ました山本道義です。ポジションはDFです。1試合でも多く試合に出て、チームとともに自分も成長できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

●下野滋基トレーナー
「今季よりトレーナーをさせて頂くことになりました下野滋基と申します。微力ながらチームのために精一杯貢献していきたいと思います。よろしくお願いします」

●前田宜志トレーナー
「トレーナーの前田宜志です。選手が少しでも良い状態でプレーできるように精一杯取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いします」

【質疑応答】

Q:新加入選手の皆さんにお聞きします。去年のツエーゲン金沢の戦い、直接対戦されたチームの方もいらっしゃいますし、練習参加された方もいらっしゃると思います。どんなイメージで、自分ではどんなところを武器にしてチームの力になれるかというところを教えて下さい。

●アラン選手
「去年も対戦しています。前からいくというか、対人が強いチームだと思っています。その中で自分の特徴を活かせるように、一日でも早く戦術を理解して、その中で自分の良さを出せるようにやろうと思っています」

●マラニョン選手
「自分の特徴はスピード、ドリブル。フィニッシュも得意です。DFとの1対1の局面もすごく好きです」

●清原翔平選手
「よりアグレッシブになってきていると思う。特に球際、攻守の切り替えの部分を大切にしているのかなと感じた。そこができないと試合に出られないのかなと思います。チームとしての決まりごとをしっかりこなして、プラスアルファができることが自分の特徴です」

●梅鉢貴秀選手
「(金沢の試合は)ビデオで数試合見ただけなんですけど、柳下監督のサッカーというのは新潟の監督をされていたときに対戦したことがありまして、チームとしてすごくまとまりがあると感じました。そのときにチームの中心だったレオ シルバ選手と僕は(鹿島で)一年間一緒に練習させてもらっています。彼から多くのことを学びました。このチームで彼のような役割ができればと思います」

●藤村慶太選手
「印象はすごくハードワークをするチームだと思います。その中で自分もそういう部分はしっかりやっていかないといけないと思うし、負けないでやりたいと思います。自分が入ったときの役割は、攻撃のクオリティーを少しでも上げられるように、自分も成長できるように意識してやっていきたいと思います」

●谷口遼弥選手
「練習試合や練習に参加させてもらって、よく走るチームだと思いました。自分は走りの部分で課題があると思うので、まずはそこをキャンプに向けて自分で調整していきたいと思います」

●島津頼盛選手
「僕も練習試合に何回か絡ませてもらったことがあるんですけど、結構守備からしっかりとしている。僕は守備が苦手なんですけど、守備の部分をこれから高めていって、自分の武器である得点力のところでアピールできたら良いなと思います」

●毛利駿也選手
「リーグ戦の試合を2、3試合見させてもらったんですけど、チームとしての特徴は全員がハードワークして守備から入って速攻で攻めるというイメージがありました。僕の特徴はスピードを活かした攻撃参加と対人の強さ、複数のポジションをこなせることだと思っているので、どのポジションで出てもチームに貢献できるようにやっていきたいと思っています」

●加藤大樹選手
「去年対戦させてもらって、とても悔しい思いをしました。勝負強さ、最後の粘り強さがあるチームだと思うので、このチームのために何ができるか考えて体現していきたいと思います」

●山本道義選手
「試合を数試合見させて頂いて、守備の面でボールを奪いに行く戦術だと思いました。僕のストロングポイントであるヘディングと、相手の攻撃の起点を潰す守備で貢献していきたいと思います」

以上



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで金沢のホームスタジアム「石川県西部緑地公園陸上競技場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)

スタジアムナビ

スタジアムナビ