【2018シーズン始動!】名古屋:新体制発表会(2)新加入選手コメント

2018年1月14日(日)

1月14日(日)、名古屋の新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------

新体制発表会(1)小西工己社長のコメントはこちら!

●秋山陽介選手・大垣勇樹選手


秋山「早稲田大学から来ました秋山陽介です。昨年は少しの間だけ帯同させてもらいましたが、今年は最初から最後までチームの勝利に貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いします」

大垣「興国高校から来ました大垣勇樹です。昨年は試合に出場することができなかったので、今年は試合に出てチームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」

Q:昨年は試合にも出場しました、昨シーズンを振り返っていかがですか。


秋山「何試合か試合に出させてもらって、良い経験をさせてもらったので、その経験を活かして今季は最初から活躍できるように頑張りたいです。自分自身ができたところとできなかったところがハッキリしたので、それをそのままにしないで今シーズンに生かせるようにしたいです」

Q:印象に残っている試合はありますか。
秋山「最初に試合に出た試合で自分がアシストをすることができて、試合にも勝てたので、印象深い試合になっています」

Q:そしてプロとして合流した昨日の練習はいかがでしたか。
秋山「昨シーズンは特別指定という立場で練習に参加させてもらっていたんですが、今シーズンからはしっかりプロの一員として参加しているので、その責任というものは芽生えています。チームの練習も責任をもってやらないとな、と感じています」

Q:大垣選手にとっての名古屋での昨年はいかがでしたか。

大垣「ベンチには入れたのですが、試合に出ることはできませんでした。悔しかったです」

Q:素晴らしい選手に囲まれての練習というのはいかがですか。
大垣「プロでの厳しさを実感しましたね。プレースピードやフィジカルの強さだったり、シュートの質であったりに違いを感じました」

Q:風間監督の攻撃的なサッカーをどのように感じていますか。
大垣「攻撃的なサッカーというのは、僕もポジションがFWなので、得点をたくさん取らないとと思います」

Q:昨日のチーム始動日はいかがでしたか。
大垣「昨日は…いい感じに動けてました(笑)」


●畑尾大翔選手・長谷川アーリアジャスール選手


畑尾「ヴァンフォーレ甲府から移籍してきました畑尾大翔です。昨シーズンより失点を減らせるように頑張りますので応援よろしくお願いします」

長谷川「大宮アルディージャから来ました長谷川アーリアジャスールです。結果を出すしかないと思っています。よろしくお願いします」

Q:チームに合流されての練習初日はいかがでしたか。


畑尾「とても緊張しましたけど、みんなが話しかけてくれたので楽しかったです」


長谷川「僕は知っている選手がたくさんいたので、すんなり入れました。例えば玉田選手とはC大阪の時に一緒にやっていますので、面識はありました。他にもいろんな方と試合の時に話していましたので、すんなりでした」

Q:長谷川選手、玉田選手とはどんな話を?

長谷川「『おう、久しぶり!』と(笑)。『何でオレに連絡しないんだよ』とも言われましたね。たぶん移籍の発表で知ったんじゃないですかね」

Q:名古屋といえばアウェイゲームで訪れた場所でしたが、名古屋やグランパスについての印象は?

畑尾「アウェイで来た時にはやっぱり声援に圧倒された記憶があります。本当に“アウェイ”だなという印象でした。逆にそれが自分のホームになるので、すごく心強いですね。メッチャ嫌でしたから(笑)。だから嬉しいです」

長谷川「名古屋についてですか? ひつまぶしのイメージしかないです(笑)。大好きですね。あとは今回は来てすぐに何でしたっけ、矢場…矢場とんですか。行きました。あとミシン…」

Q:ミシン? ブラザーですか?
長谷川「味仙でしたっけ?(笑)。おいしいところはとりあえず行っとこうと。チームの印象は何度も対戦したことがありますが、豊田スタジアムはすごく雰囲気がいいなということは正直に思いました。このスタジアムでやれるのは選手としていいなと」

Q:お二人が具体的にチームに貢献するためのプレーとは?

畑尾「最初にも言いましたが僕はDFの人間なので、まずは失点数を減らすこと。かつ自分はフィードにも自信を持っているので、そこを活かせたらいいかなと思います」

長谷川「ボールを前に運ぶことだったり、攻撃のところが自分の特徴だと思うので。風間監督のもとで去年からすごく攻撃的なサッカーをしているグランパスを見ていましたし、そこに自分が入ってプレーするというのはワクワクする気持ちでいっぱいです。ブラジル人選手も含めてチームメイトとはまだ昨日、今日しか練習をしていませんが、うまい選手がいっぱいいます。その中でコミュニケーションを取っていって、コンビネーションで崩していくのが楽しみです」

●ジョー選手・ランゲラック選手


ジョー「皆さんありがとうございます。こうして集まっていただけたことに感謝します。私のことが分からない方がいるかもしれませんので、自己紹介します。ジョーと言います。ブラジルから来ました。よろしくお願いします」

ランゲラック「皆さんの温かい歓迎に感謝します。グランパスというチームはJリーグの中でも本当に大きなチームです。そのチームで戦えることは私にとって喜びであり、今からワクワクしています。皆さんと一緒にここで戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」

Q:ランゲラック選手は本当に着いたばかりなんですよね?


ランゲラック「そうです。本当に驚きです。来てすぐにこうしてユニフォームに袖を通しています。明日からの最初のトレーニングセッションを楽しみにしています。そして新しいチームメイトに会えることを本当に楽しみにしています。今日も数人には会いましたが、すごく温かい歓迎を受けました。選手に限らず日本人というのはとてもフレンドリーですから、本当に感謝です。明日からも本当に楽しみです」

Q:そしてジョー選手に質問です。Jリーグや日本のサッカーに対する印象は?

ジョー「日本については日本でのプレー経験がある友人から良い話を聞いていました。だから日本は良い国だということは知っていました。リーグについてはスピードやテクニックがすごく高いレベルにあるということは知っていて、自分がブラジルにいた頃とはそういった面で違うサッカーをするので、これに早く慣れることで自分がチームに貢献できるようにしたいと思います」

Q:日本人選手で知っている選手はいますか。
ジョー「名前まではわかりませんが、自分が中国でプレーしている時に、ACLで日本のチームと対戦しました。その時にスピードやテクニックの面ですごくビックリしました。これからそういったところには向き合って、上達してみんなについていけるよう頑張りたいです」

Q:ワシントン選手やシャビエル選手たちとのコミュニケーションは?
ジョー「彼らとはブラジルから来る時から会っています。日本のプレースタイル、速さやテクニックのことなどたくさん話をしています。彼らとのやり取りは非常に重要なもので、参考にさせてもらっています」

Q:ランゲラック選手、日本のリーグやサッカーについての印象は?知っている選手はいますか?
ランゲラック「まず日本人選手の特徴としては、テクニックやスピードの点ですごいと思っています。私もメルボルンでは日本のチームと対戦していますから、そのような印象を持っています。そしてドルトムントの同僚で香川真司選手や、シュツットガルトの時には浅野拓磨選手や細貝萌選手とも親交はありますので、彼らからも情報を得て、今回のことを考えました。本当に情報がたくさんありまして、日本という国には好印象を持っています。新しい挑戦が始まりますが、皆さんと一緒にいろいろと作っていければと思います」

Q:グランパスに自分がもたらせるものとは何でしょうか。
ランゲラック「GKには答えるのが難しい質問ですが、まずはしっかりハードワークをしてチームに馴染んでいきたいと思います。そしてチームを助けていきたいと思いますね。先ほども言いましたが、だからこそ最初のトレーニングセッションが楽しみですし、一生懸命に練習をして、チームに貢献していきたいと思います」

Q:ジョー選手は何をグランパスにもたらしてくれますか。
ジョー「皆さんが期待してくれている“ゴール”をたくさん取るというのが私の仕事です。サポーターの皆さんにそれを還元できればと思っていますが、やはり違うサッカーを始めるにあたっては自分を磨いていくことです。自分が初めて日本に到着した日に皆さんからもらったリスペクトを大事にして、より自分のサッカーをしていきたいと思います」

Q:ちなみに日本で何か興味のあるもの、経験してみたいものなのはありますか。
ジョー「自分が初めてブラジルを出た時、ロシアでプレーをしていたんですが、そこで初めて日本食を食べました。それから日本食が好きになってずっと食べてきたんですが、やっと本場で食べることができます。これは嬉しいですし、おいしい日本食を食べていきたいですね。お気に入り?“スシ”です(笑)」

Q:ジョー選手は何かこう呼んで欲しいというようなニックネームはありますか。
ジョー「それは難しいんですが、アトレチコ・ミネイロでは“戦車”と呼ばれていました。しかしそういうものはサポーターが決めていただければと思いますね」

Q:ランゲラック選手は日本で興味のあることは何ですか?
ランゲラック「実は日本には以前にも5度ほど来たことがあります。そこで思ったのは街などもすべてキレイだということです。人も優しいですし、そういうイメージです。私の妻にもそう伝えていますし、優しい人が多いので、ぜひ一緒に行こうと言いました。そしてジョーも言いましたが、私の好物も“スシ”です(笑)」

Q:最後にサポーターの皆さんへメッセージを。
ジョー「ここに集まっていただいたサポーターの皆さんに深く感謝しています。自分にできることを精一杯やって、毎日練習を積み重ねて、みんなに楽しい思い出、記憶に残るような思い出を持って帰ってもらいたいです。私もできるだけのことをやって、目指すものは一つです。タイトルを目指してやっていきたいです」

ランゲラック「こんな歓迎を受けられたことに感謝します。GKとしてすべてを出し切りたいと思いますし、今シーズンを皆さんと戦っていきたいと思います。皆さんの応援が必要ですし、私たちを後押ししてください。私も試合に出て、皆さんのためにプレーしたいと思います」

新体制発表会(3)山口素弘アカデミーダイレクター、風間監督、選手コメントはこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで名古屋のホームスタジアム「豊田スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
豊田スタジアム(名古屋グランパス)

移籍情報