【2018シーズン始動!】京都:新体制発表記者会見での出席者コメント

2018年1月17日(水)

1月17日(水)、京都の新体制発表会見が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!

----------



●山中大輔 株式会社京都パープルサンガ代表取締役 
「皆さま今晩は。本日は京都サンガF.C.の新体制発表会にこの様に多くの報道関係の皆様
、サポーター様にご出席を賜りまして本当にありがとうございます。クラブを代表して
心より御礼申し上げます。さて、先季は選手・スタッフの懸命の頑張りがありましたが
、一昨年の5位から昨年は12位に低迷し、皆さんのご期待に沿えなかったことを先ず
もって深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。ただ、2016年に
掲げさせて頂きましたサンガバリュー、即ち、闘争心を持ち、フェアプレーに徹し、最
後まで全力でプレーする、これをピッチ上で実現できなかったことが大きな要因と考え
ています。それを数値的に細かく分析しまして、さらに何よりもフロント・スタッフが
深く反省し、そして、その対策を十分に吟味して、もう一回議論を重ねて参りました。
今季は非常に若いチームになります。しかし、それを若い選手だけでなく、ベテラン選
手はもとより、チームスタッフ、フロンを含めてチーム全員が一致団結し、目の前の一
試合一試合を全力で取り組んで参ります。これをお約束いたしまして私のご挨拶に代え
させて頂きます。誠にありがとうございます」

●小島卓 強化部長 
「皆さまこんにちは。今シーズンから強化部長という職務を授かりました小島です。出来
ることと言いますと、また新たなシーズンということで、スローガンの方にもあります
が、チーム一丸となって、団結というところに力を注いで、皆さまの期待に応えられる
様に頑張って行きたいと思っております。長いシーズンです。ここに新たなメンバーが
加わってくれました。既存のスタッフ、選手、クラブを支えて下さる方もたくさんおら
れます、そういう方たちと団結して一戦一戦戦って、そして、いい結果を皆さんに届け
られたなと思っております。なにぶん若い選手ですので、皆さま方の暖かい応援、ご指
導頂いて、みんなで頑張っていきたいと思いますので今後ともどうぞ宜しくお願いいた
します」

●布部陽功監督
「皆さん今晩は。本日はお忙しい中おいで頂き、誠にありがとうございます。監督の布部
です。今年はチームスローガンでもある『団結心』を持ってシーズンの戦いに臨みます
。目の前の練習、目の前の試合、しっかりと集中して、一つでも多く勝点を獲れる様に
しっかりとやっていきたいと思います。1月15日の初日の全体練習でサポーターが太
鼓を叩いて応援をしてくれました。すごく胸が熱くなりましたし、今年、また一緒に闘
っていけるんだなと感じました。選手もその時何かを感じてくれたと思います。社長を
先頭に強化部、現場と団結して、京都の皆さんに愛されるチーム作りをしていきたいと
思います。昨年同様苦しい時もあるかも知れません。そんな中でも成長した姿を皆さん
に見せていける様にしっかりと取り組んでいきたいと思いますので、選手、チームの応
援をどうぞ宜しくお願いいたします」

【コーチ・選手挨拶(選手は自分のプレーポイントも紹介)】

●ボスコ ジュロヴスキーフィジカルコーチ兼コーチ
「ミナサン、コンバンワ。ヨロシクオネガイシマス(ここまで日本語)。日本に戻って来
れて本当に嬉しいです。名古屋で7年間仕事をしていました。そして日本に戻ってくるこ
とが出来て、何よりも京都に来ることができて、とてもうれしいです。京都の街、そして
京都というものに本当にリスペクトを持っています。一つ約束できることがあります、必
ず監督をサポートできます。全ての人たちをサポートします。ハードワークを約束します
。去年よりもより良いサッカーを見せることが仕事になりますし、それを見せたいと思い
ます。そして京都がJ2のランキングで素晴らしい順位に位置する様にしたいと思います
。それを証明するために自分はベストを尽くします。みんなに幸運を!」

●前嶋聡志アシスタントコーチ
「皆さん今晩は。アシスタントコーチを務めさせて頂きます前嶋聡志です。まずこれまで
自分が積み重ねてきたことを理解して下さった方々から京都サンガというクラブで働かせ
てもらえるご縁を頂いたことについてとても感謝しています。アシスタントコーチとして
日々構築していく、日々強くなっていくためのトレーニング、そのより細かなところを見
つけ汲んでいける様なそんな仕事ができたらなと思っています。また、対戦相手の分析と
かも含め、選手たちがより成長できる、より戦いやすくなる様な環境を少しでも整えられ
る様に一年間ベストを尽くして戦って行きたいと思います。宜しくお願いします」

●宮城雅史選手
「皆さん今晩は。今季、レノファ山口から加入しました宮城雅史です。背番号3番です。
この度、伝統ある京都サンガF.C.というチームでプレーできることに本当に感謝していま
す。京都サンガのために何ができるかと考えると自分は決してうまい選手ではないので、
体を張って、多少激しいプレーになるかも知れませんが、チームが勝つために全力で戦お
うと思っています。皆さん応援よろしくお願いします」

●湯澤洋介選手
「今晩は、水戸ホーリーホックから加入した湯澤洋介です。背番号は11番です。自分の
セールスポイントは負けん気の強さだったりだとか、推進力だったり、ドリブルだったり
するのでそこは観て欲しいです。関西弁になじみがなくて、ちょっと強く言われている気
がしなくもないので、あの…、最初は『やんわり』でお願いします!」

●重廣卓也選手
「皆さん今晩は、阪南大学から京都サンガに加入しました8番の重廣卓也です。プロでの
生活の第一歩をこの素晴らしい京都サンガというチームでプレーできることを誇りに思い
ます。自分の特徴は、チームが勝つために誰よりも攻守にわたってハードワーク出来ると
いうところが自分の特徴だと思うのでチームが勝つために今シーズン全力でプレーしたい
と思います。よろしくお願いします」

●マティアス カセラス選手
「コンバンハ(日本語)。日本に来て、サンガに来て凄く嬉しく思っています。また、今
回のチャレンジにすごく気持ちがワクワクしています。サンガに来て仲間にすごく感謝し
ています。スタッフ、選手、皆さんで良いチーム、良い家族を作りたいと思います。ヨロ
シクオネガイシマス(日本語)」

●レンゾ ロペス選手
「今晩は、皆さんお忙しいところ来て頂いて有難う御座いました。サンガに来て凄く嬉し
いです。自分も、大きなチャレンジだと思うと凄く力が湧いてきます。そういうチャレン
ジをするのは個人的には大好きです。今年の目標は、まずみんなでチームになって戦うこ
とを先ず第一に考えています。人間として、プロ選手として成長したいと思っています。
ヨロシクオネガイシマス(日本語)」

●アレシャンドレ選手
「コンバンハ、ハジメマシテ、アレッシャンドレデス(ここまで日本語)。サンガという
大きな希望のあるチームに来られて凄く嬉しいです。そのチャンスを与えてくれた神様に
感謝します。自分の目標をかなえるためにも今年は凄く頑張りたいと思います。諦めない
ことが大事だと思いますので、諦めない様に最後まで頑張りたいと思います。ヨロシクオ
ネガイシマス(日本語)」

●キム チョルホ選手
「(全て日本語で)皆さん今晩は、私はFCソウルから来たGKで名前はキム・チョルホと申します。京都がJ1に昇格できる様に頑張ります。よろしくお願いします」

●若原智哉選手
「今晩は、若原智哉です。背番号は34番です。自分のストロングポイントは前線へのロングフィードだったりシュートストップです。中学の頃からお世話になっている京都サンガに恩返しできる様に頑張ります。応援よろしくお願いします」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで京都のホームスタジアム「京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガF.C.)

スタジアムナビ