【2018シーズン始動!】相模原:新体制発表会での出席者コメント

2018年2月7日(水)

2月6日(火)、相模原の新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------


<開会のあいさつ>
●望月重良会長
「みなさんこんばんは!SC相模原会長の望月です。今日は堅苦しい会ではなくて、選手・クラブがみなさんと距離を縮めた会にできればと思っています」

Q:今年のチームの雰囲気は?
「昨シーズンは10周年というところで節目の年に何とかタイトルを獲りたかったですけど、クラブとして厳しい、苦しいシーズンでした。みなさんをそんな気分にさせてしまって大変申し訳なく思っていますし、責任も感じています。それも踏まえて11年目の今シーズンは新たにもう1度サッカーというものを見つめ直して振り返って、どんなメンバーがSC相模原に適しているのかをしっかり考えて補強をし、スタートしました。

1月22日にチームの練習が始まって、2月1日から御殿場のほうで合宿をしました。昨日、終わって、今日は新体制発表会ですけど、ここまでは非常にチーム全体が上手く進んでいますし、3月9日のJ3で5シーズン年目の開幕戦に向けてチームを作っています」

Q:毎年、新体制発表会では“チームの雰囲気が良い”と言っていますが?
「昨シーズンもこの舞台に立たせてもらって、『今年こそは』という話をさせてもらったんですけど、今年も手応えは感じています」

<スローガン発表>



●西ヶ谷隆之監督

「いよいよシーズンということで、僕にとっても新しいチャレンジなので、選手と共に成長していきたいと思っています。長いシーズン、よろしくお願いします。

今シーズンのスローガンは『Grow up!to the next 10 years』です。文字通り、今シーズン、選手・スタッフと共に成長していく姿をサポーターのみなさんに見て頂く、そんなシーズンにしたい。あとは、別の意味で“発芽する”という意味があって、相模原は創立して10年が経ちました。その10年をかけて蒔いた種の目を咲かせていく、発芽させていくという意味を込めてこのスローガンにさせて頂きました」

Q:チーム主導で決めたスローガン?
「僕が引き受ける時点で相模原というチームの歴史など、色んなことを考えて次の10年に向けてこういった形でやっていきたい。もう1度土台作りをしっかりやって、クラブをもう1つ大きくしていくための力を付けていきたいと思いました」

望月重良会長
「スローガンは監督に任せました。ただ、我々のコンセプトは十分に監督も理解していると思いますし、10年やってきたことを大切にし、次の10年に向かって色んなことにチャレンジしていこうという思いです」

<新加入選手の自己紹介>

●丹羽竜平選手
「背番号2番、DFの丹羽竜平です。今年1年、昨年以上の結果を残せるようにチーム一丸となって戦いましょう。応援よろしくお願いします」

●谷澤達也選手
「背番号8番、谷澤です。ポジションはMFです。今シーズンは球際を見てください」

●北井佑季選手
「背番号7番、北井佑季です。ポジションはMFです。今年1年、チームのために必死に頑張ります。よろしくお願いします」

●チッキーニョ選手
「コンバンハ、ハジメマシテ、チッキーニョデス。ヨロシクオネガイシマス。(すべて日本語で)」

●大津耀誠選手
「背番号19番、大津耀誠です。今シーズンの目標は(目が)二重になることです。よろしくお願いします」

●加納錬選手
「背番号26番の加納錬です。ポジションはDFです。少しでもチームに貢献できるように1年間頑張ります。応援よろしくお願いします」

●古川雅人選手
「背番号26番…。(会場から総ツッコミをくらい言い直す)
背番号22番、古川雅人です。チームの勝利に貢献できるように一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」

●金炫成選手
「ミナサン、コンバンハ、キム ヒョンソンデス。チームニコウケンデキルヨウニガンバリマス。ヨロシクオネガイシマス。(すべて日本語で)」

●田中雄大選手
「こんばんは、川口能活です(笑)。背番号29番、GK田中雄大です。今シーズンは試合に出て勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

<新ユニフォーム発表>



Q:今年のユニフォームのデザインは?
●川口能活選手
「色の感じは毎年同じですけど(笑)、デザインは例年になくかっこいいと思います」

●久保裕一選手
「色が濃くなってカッコよく見えます」

●大畑拓也選手
「かっこいいと思います」

●米原祐選手
「このユニフォームを着て戦えることを本当に光栄に思います」

●川口能活選手
「このSC相模原のユニフォームをぜひ購入して頂いて、ギオンスタジアムに足を運んで頂いて、みなさんとともに勝利を味わえればと思っております」

<西ヶ谷隆之監督トークショー>



Q:チームの雰囲気は?
●西ヶ谷隆之監督
「若い選手、ベテランの選手、経験のある選手に一体感を持ってやって頂いているので、これからコンディションが上がってくれば良い開幕を迎えられると思います」

Q:キャンプの雰囲気が良かったと聞いているが、手応えは?
「まだまだこれからでやらないといけないことはいっぱいありますけど、それは選手も感じてくれていると思います。ここからもう1つギアを上げていければもっと良くなっていくと思います」

Q:監督のオファーをもらったときの心境は?
「本当に責任感を持ってやらないといけないと感じました」

Q:望月重良会長とは長い付き合いですよね?
「小学校3年生からですね。代表の背中を見てずっとサッカーをやってきたので、ポジション的にも」

Q:幼なじみの頑張りはずっと見ていた?
「一からチームを作ってここまでやってくるというのは相当な覚悟と力が必要なので、それをやってのけるところが代表の素晴らしさであるでしょうし、本当になかなかできることではないので、その中で自分が今回、力になることを決意したので、彼のためにも、チームのためにも、地域のためにも頑張っていきたいと思っています」

●望月重良会長
「小学校から彼を知っていますけど、その時から知っていたからではなくて、監督して水戸で3年やって、その前は大学でやって、その前はヴェルディの下部組織で監督をやって、着々と結果を出してきた監督なので、監督という評価でオファーをさせてもらって、快く受けてくれた。本来なら、J2、J1に行きたいところだと思いますけど、J3に来て、覚悟を持って今年はやってくれると思っています」

Q:実際に相模原に来て感じていることは?
●西ヶ谷隆之監督
「下のカテゴリーは選手が毎年入れ替わるので、その中で新加入選手を含めて、一からチームを作っていくところなので、その辺の経験はあるので、その経験を生かしながらチーム作りをしていきたいと思っています」

●望月重良会長
「1月22日にスタートして、練習も見せてもらいましたし、御殿場でのキャンプも見せてもらいましたけど、やっぱり大事なところを抑えているというか、チームを作る上で基本的なことを抑えてやっていた。それをこれから3月9日の開幕までの残り1か月でもっとレベルアップさせて、チームの一体感を作っていくのか非常に楽しみです。クラブとしても全面的にサポートして、良い雰囲気になるようにしたいと思っています」



●川口能活選手

Q:新監督が来てからのチームの雰囲気は?
「一体感を持ってトレーニングが出来ていますし、監督のコンセプトが選手たちに伝わっていますので、1つの目的に向かって、結果もそうですけど、監督の求めるサッカーをするためにみんなが日々切磋琢磨してできています」

Q:手応えは?
「監督がこういう戦い方をするというのを選手に示しているので、上手くいかない時期でも原点に帰れる、そういうチーム作りを今、監督はしてくれています」

Q:チーム作りは順調に来ている?
●西ヶ谷隆之監督
「けが人は多少出ていますけど、その選手たちが復帰してきて、またしっかり競争が始まれば良いチームになっていくと思います」

Q:サポーターへ一言
「今シーズンは我々からしっかり攻撃でも守備でもアクションを起こす、そして躍動感のあるサッカーでみなさんと一緒に戦っていく中で、ワクワクする、もう1度試合を見たくなる、そして全力で毎試合戦えるチームを作っていきたいので、その中で、みなさんの力を借りて戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」






J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで相模原のホームスタジアム「相模原ギオンスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
相模原ギオンスタジアム(SC相模原)

スタジアムナビ