【栃木 vs 大分】 ウォーミングアップコラム:成長著しい地元栃木の俊英、いざ初となるJ2の舞台へ。

2018年2月24日(土)

キャンペーンバナー


そこのけそこのけ西谷和希が通る――。J3で馴らした屈指のドリブラーがJ2に殴り込みをかける。

プロ2年目となった昨季は、左サイドを主戦場にチームトップとなる8ゴール・8アシストを記録。他クラブからオファーもありステップアップを模索したが「和希、また一緒にやろうぜ」という多くの仲間たちの声に応えて地元栃木に残留を決めた。チームは今季、昨季のメンバーの3分の2ほどが残り、指揮官自ら「継続性が強みだ」と口にするが、西谷という強力アタッカーが残留を決めた意味は大きい。

練習の虫である西谷は、今オフも例年通り、ドイツでプレーする兄・優希と一日4時間におよぶ自主トレでボールを追い続けた。1月17日の新チームの始動時には昨季同様、いつ開幕してもまったく問題ないフィジカルを手に入れていた。そしてプレシーズンが始まったときに見せた姿には、明らかにドリブルの力強さやシュートのバリエーションなど新たな武器が加わっていた。
「今、僕のドリブルは相手にとってボールが遠いと感じるようになっているのでは。シュートレンジについてももっと広く持ちたいと思っていて、このオフに散々取り組んできたんです。ただ、今、オグリさん(大黒将志)と練習後に一緒にシュート練習をやるなかで受ける影響もかなりありますね」

残留を決めたチームには日本を代表するストライカー、大黒将志がいた。今、西谷は全体練習後の大黒のルーティンであるシュート練習にぴたりと寄り添い、大黒のプレーから盗めるものは盗むというスタンスで日々を過ごしている。日々の努力を好んで積み重ねる西谷にとって、この上ない環境がある。

今季の目標を、昨季の数字に上積みした10ゴール、10アシストに据える。
「カテゴリーは上がるけれど、試合数も増えるし、自信はあります。結果で示したいと思います」
成長著しい栃木の俊英が、自身初となるJ2の舞台で脚光を浴びるときがきた。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月25日(日)14:00KO 栃木グ
栃木SC vs 大分トリニータ

スタジアムナビ