【京都 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:期待に違わぬ活躍を。仙頭啓矢の2年目の挑戦。

2018年2月24日(土)

キャンペーンバナー


プロ2年目を迎える仙頭啓矢にとって、今年は重要なシーズンとなりそうだ。

昨年は開幕戦でJデビューを果たすなど、序盤から脚光を浴びた。中盤戦では出場機会を失ったが、その間に課題克服に力を注ぎ、終盤戦には定位置を確保。24試合5得点という数字でシーズンを終えている。そうした流れを踏まえれば、サポーターからの期待が高まるのは当然とも言える。そればクラブや指導陣も同様で、若返ったチームにおいて副キャプテンに就任。様々な意味でチームを引っ張る立場となった。

今季のチーム作りについて仙頭は「段階を踏んで戦術を確認してきた。充実したトレーニングを積めています」と手応えを感じている。京都はここまで、攻撃面において後方からのビルドアップに時間を割いてきた。その中での役割について「(監督やコーチからは)インテリオールでやっていいよ、と言われている。僕の持ち味を出しやすいのかなと感じています」と説明する。インテリオール(interior)とはスペイン語で『内側』という意味を持ち、サッカーでは主に中央寄りのエリアでのポジションやプレーを指す。センターハーフやインサイドハーフという名称の方が馴染みがあるかもしれない。
複数ポジションをこなせる仙頭だが、持ち味はやはり攻撃だ。どのポジションで起用されるにせよ、指示された役割をこなしつつ、状況に応じて相手が嫌がるスペースへ移動して攻撃に絡めれば、彼の技術やアイデアによりチャンスの数は増えるだろう。「どうやって相手の守備を崩すのか。みんなの共通意識を確認してゲームを動かしたい」とイメージを膨らませる。

昨季終盤の活躍もあり、対戦相手からの警戒は強くなるかもしれない。そうしたものを乗り越えて、思い描くようなプレーを見せられるかどうか。昨年の雪辱を果たしたい京都において、背番号14はその鍵を握る存在だ。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月25日(日)15:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs FC町田ゼルビア
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (2.8)
臨場感 (2.3)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.1)
グルメ (2.9)
アウェイお楽しみ (2.7)

移籍情報