【山口 vs 熊本】 ウォーミングアップコラム:新イレブンを束ねる三幸秀稔。新境地への扉叩く開幕戦

2018年2月24日(土)

キャンペーンバナー


体制を一新した山口は、名称が新しくなったみらスタで開幕戦を迎える。霜田正浩監督が率いる新生山口は初陣を飾れるか。「勝つために自分ができること、勝点を取るためにやらなければいけないことをしっかりやりたい」。そう話したのはパスの重要な経由地であり、今季はキャプテンとしてもチームを束ねる三幸秀稔だ。

1週間前の2月18日、山口はJ1広島とプレシーズンマッチを行い、三幸もフル出場した。0-2の惜敗で終えた90分を、三幸は「自分たちのミスからしかピンチはなかった。僕自身もミスを減らすことと、距離感が遠くて崩しきれなかったのでなるべく縮めたい」と振り返る。ゲームは中盤でのボールロストが目立っていただけに、ミスの起因点を分析し、声を掛け合って改善を急ぐ。

三幸のキャプテン指名からも分かるように、今年はパスを使ってボールを動かし、個ではなく組織でゴールに向かう。それゆえに、自分たちに主導権がありながら、ボールを失っていてはコンセプトは体現できない。「攻撃のスイッチを入れたり、嫌な位置にいてボールを受けたり、リズムや組み立てで力を発揮したい」と話し、霜田流のボールポゼッションを率先して表現していく。開幕戦に迎える熊本は堅いディフェンスが持ち味。打ち破るには、三幸からのパス精度やスピードがより重要になるのは言うまでもない。

もう一つの役割も期待されている。近いポジションには20歳前後の若い選手が多く、プレシーズンマッチでは山下敬大、楠本卓海らルーキーも出場した。三幸自身もまだ24歳だが、より若い選手の特長を頭に入れ、「マークを引き連れたり、サポートに入ったりは意識している。タイミングを見て、いつ攻めるかを合わせていきたい」と彼らが活躍できるよう気を配る。

若手やチームメイトを前に押し出していけるか。三幸にもその役目が回ってきた。昨シーズンはチームが不調の中、佐藤健太郎や渡辺広大などメンタルを落とさないベテランが、若手のプレーを支えていた。3年前、所属チームがないときは、三幸を支える仲間がいた。現在地に至るまでの経験を礎に、今年は三幸にとって新境地を開く年になる。

「やるべきことをしっかりやる。それができた上で、いい声や、いいコミュニケーションで周りにいい影響を与えられたらと思う」。キャプテンマークを巻き、先頭でピッチに入っていく。ボールを動かし、人を動かし、心揺さぶるプレーで開幕戦の勝利と、チームの躍進を目指す。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月25日(日)15:30KO みらスタ
レノファ山口FC vs ロアッソ熊本

スタジアムナビ