【大宮 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:舵取り役・三門雄大が求めるメンタルの持ち方

2018年3月9日(金)


今節の相手は昨季からリカルド ロドリゲス監督が指揮を執り、攻撃的なスタイルを確立してきた徳島。福岡に所属した昨季に2戦2敗と苦汁をなめさせられた三門雄大は、「なかなか取りどころがなくて引かされて、とにかくボールを動かされてやられてしまった印象が強い」と警戒を強める。

試合中の柔軟なシステム変更など、徳島はさまざまな策を繰り出しながら、ボールを回して相手の瓦解を目論んでくる。前線からのハイプレッシャーを基本戦術として取り組んでいる大宮にとって、一筋縄ではいかない相手なことは間違いない。だからこそ、三門はメンタルの持ち方の重要性を説く。

「ガチッと組み合わさるのは難しいかもしれないですけど、(システムを)変えさせたら変えさせたでラッキーというか、相手がちょっと嫌がっていると思えばいい。精神的に優位に立つのも大事だと思うので、もし回されていても前の選手には『回させているんだよ』というくらいの感覚でボールを追わせたりしないといけないと思います」

 ピッチの中央に位置する三門や茨田陽生が状況を判断し、周囲にしっかりと伝達していくことで、チームの意識を統一して勝利に向かわせる。簡単な仕事ではないが、「いろいろなところに気を配りながらですけど、それが自分の仕事でもある」と話す背番号7なら、ブレることなく“舵取り”のタスクを遂行してくれるはずだ。

文:片村光博(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月10日(土)16:00KO NACK
大宮アルディージャ vs 徳島ヴォルティス
NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.5)

移籍情報