【千葉 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:エベルトの信条は「戦う気持ちがなければ何も始まらない」

2018年3月10日(土)


前節は開幕戦での退場処分で増嶋竜也が出場停止のうえに、キャプテンであり、ディフェンスリーダーの近藤直也がコンディションの問題で直前に欠場が決定。開幕戦でスタメンだった経験豊富なセンターバックのコンビが不在の前節で、開幕戦での交代出場でJデビューを果たした大卒ルーキーの鳥海晃司とセンターバックのコンビを務め、スタメンでJデビューを果たしたのが、今季から加入したブラジル人のエベルト(写真)だった。

センターバックの左サイドの選手について、フアン エスナイデル監督は「左利きの選手のほうが体の向きを考えるとパスを出しやすいので、ビルドアップが簡単」と考えており、そのリクエストでの加入だった。だが、監督が「スピードがある選手ですし、空中戦が強い。ボールもうまく扱える選手」と評価する中で、沖縄キャンプに入ってすぐに負傷。開幕戦までに回復して試合に出られるように努力してきたが、初めての日本という異国の地でいきなり負傷し、出遅れることに焦りもあったのではないかと思われた。
「もちろん早く練習に復帰したいと思っていましたけど、負傷はサッカーでは起こることなので、自分にもあることだと理解はしていました。それをプラスに捉えて、ピッチの外から、少し離れたところからチームを見ることで、自分がチームに順応するにあたって役に立つこと、見て学ぶこともあるだろうと思っていました。実際にそのとおりに物事がうまく運んだこともたくさんあったと思います」

負傷すら前向きに捉えて生かそうとしたエベルトは、前節では紅白戦形式の戦術練習でコンビを組んだことがあっても実戦でのコンビはないに等しい鳥海とチャレンジ&カバーなどの連係、ディフェンスラインのコントロールに奮闘。スコアレスドローという結果に終わった前節でのエベルトについて、監督は3月9日の練習後に次のように評した。
「今までほとんど実戦でプレーしていなかったし、しかも最後まで試合に出るかどうかもわからなかった。いろいろと難しい状況の中で、よく耐えてくれたし、機能もしてくれた。あの試合に関して言うと、期待以上のことをしてくれました。ただ、もっとできるものがあると確信しています」

Jデビューについての家族の反応を聞くと、エベルトは満面の笑みを浮かべた。
「時差の問題もあってその試合をリアルタイムで見ることは難しかったんですけど、Jデビューしたことを妻もとても喜んでくれました。妻には早く日本に来てほしいですね(笑)。妻がいるとやっぱり力をもらえるので、近くにいてもらえるといいんですけど。来日まであともう少しだと思います」
そして、今節に向けての意気込みやサポーターに注目してほしい自分のプレーを質問すると、引き締まった表情に変わった。
「自分はもともと気持ちの強さを前面に出すほうなので、ピッチに入ってしまえばもう自分の最高の力を出すだけだと考えて、そこに集中できると思います。試合を重ねるごとに自分のパフォーマンスもどんどんよくなっていって、自分のいいところをさらにより多く見せたいという気持ちはもちろんあります。技術的なところはサッカーでは土台として重要なところがあるんですけども、それよりもさらに重要なのは集中力だと思います。ブラジルでもよく言われることなんですけども、センターバックは特にその気持ちの強さがないといけない。自分が一番重要視しているのは気持ちの強さですね。戦う気持ち。まず、それがないことには何も始まらないと思います」

空中戦での強さは守備面だけでなく攻撃面でも武器となる。過去に在籍したクラブでは「年間に3点か4点はゴールを奪ってきました」というだけあって、「そこは自分の強さでもあると思うので、チームに貢献するためにその強さも発揮していければなと思っています」と話した。センターバックのスタメン争いは熾烈だが、エベルトの無失点の守備に貢献するプレーとチームを勝利に導くゴールに期待したい。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月11日(日)14:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs FC岐阜

スタジアムナビ