【金沢 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:今年の垣田裕暉は一味違う

2018年3月10日(土)


FW垣田裕暉(写真)は今季、鹿島からの期限付き移籍期間を延長し、金沢2年目のシーズンを迎える。自身の成長と結果を強く求める点は昨年と変わらないが、今年の垣田は一味違う。

「去年は苦しい一年だった。前半戦はボールを追うだけとか、自分の中で息苦しく、ノビノビできなかった。まだまだ実力が足りなくて、自分のプレーを出せなかった。今年は良い準備ができていると思うので、去年とは違う自分を見せたい」。

昨季はトレーニングでも思うようなプレーができずに悔しがる姿を見せていたものの、シーズンが進むにつれて自分の良さをチームに落とし込めるようになり、徐々に歯車が噛み合った。そして、「いま、自分は『やれる』という手応えがある。慢心しているわけではないけど、良い自信がある。点を取れる自信があるので、そこまで気負うことなくやれている」と内面も充実している様子。

前目のポジションの選手には数値目標を公言するタイプとそうでないタイプが存在するが、垣田は前者だ。「二桁は確実に越えたいと思っているし、理想を言ったら20点くらい取れれば。チームで一番点を取れるくらいに。やっぱりJ1に昇格するのが一番の目標。『上がらないだろ』と思われていたところが上がることもある。金沢も『上がらないだろ』と思われているのかもしれないけど、オレがたくさん点を取って、J1に上がれるくらい今年はやれたら」。

可能性を秘めた大器は、大志を抱く。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月11日(日)14:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs アビスパ福岡
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (2.9)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報