【FC東京 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:大きな穴を埋めるプロ2年目のDF岡崎慎がJ1初先発へ

2018年3月17日(土)

キャンペーンバナー


FC東京は、大きな戦力を失った〝はず〟だった――。昨季の巨大戦力からウタカ、大久保嘉人がチームを離れた。それ以上に、長年東京を支えてきたDF徳永悠平の長崎への移籍は大きな痛手だった。徳永は、本職の右サイドバック(SB)だけでなく、緊急時にはセンターバック(CB)や、ボランチでプレーができる汎用性の高い選手だった。その徳永の移籍によって、チームは一気に3つのポジションの主力を失ったことになる〝はず〟だった。

しかし、その大きな穴を埋める若手が、台頭しようとしている。今季プロ2年目のDF岡崎慎(写真)だ。今季から指揮を執る長谷川健太監督は、開幕前のキャンプ中から岡崎を主力チームに抜てき。実戦を積む中で、岡崎はメキメキと頭角を現してきた。YBCルヴァンカップ1次リーグ初戦の横浜FM戦では守備的MFで起用され、続く第2戦の新潟戦では右SBで今季公式戦初勝利に貢献した。

そして、明日の湘南戦で、リーグ戦初先発出場が濃厚となった。岡崎は、「室屋選手のようなプレーはできない。でも違った特長でレギュラーを狙いたいと思っている」と言う。

その特長とは――。

「ビルドアップで、サイドバックは重要な役割を担うのでそれを意識したい。クリアしたり、ボールをロストするのではなく、マイボールにするだけで大きな違いがでると思う」

実際に、指揮官もルヴァンカップ新潟戦での岡崎のプレーについて「ビルドアップがスムーズになった」と、その部分を高く評価している。

「去年のウタカや、今年のディエゴ(・オリベイラ)のような素晴らしい選手がいる中で、日々のマッチアップでも成長出来ている。ただ、昨年は、一年を通して試合に出ることができなかった。試合に出なければ、何もないし、今後につながっていかない。どこでも試合にでることが大事になる」

グイグイと伸びるこの岡崎が、ポッカリと空いた穴を一人で埋めてしまうかもしれない。まだまだ荒削りなプロ2年目。岡崎慎の目を見張る成長は、FC東京に世代交代の波を呼ぼうとしている。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月18日(日)15:00KO 味スタ
FC東京 vs 湘南ベルマーレ
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.4)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.3)