【浦和 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:マルティノス「僕にとっては特別な試合」。古巣・横浜FM戦での勝利を誓う

2018年3月17日(土)

キャンペーンバナー


出口の見えない暗闇の中をさまよっている。今季の浦和はルヴァンカップの名古屋戦が唯一の勝ち試合で、公式戦1勝2分け2敗と苦しんでいる。直近の試合では、昨季から公式戦17試合未勝利と喘いでいたG大阪にルヴァンカップで1ー4の惨敗を喫してしまった。

とにかく勝利が欲しい。浮上のきっかけを探す浦和にとって横浜FM戦は絶対に落とせない一戦となるが、マルティノス(写真)にとっては古巣対決という意味合いもある。

「マリノスではいい時間を過ごしたと思っているので、僕にとっては特別な試合になることは間違いありません」

横浜FMは今シーズンから元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルーを招聘。マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督が世界に衝撃を与えたサイドバックの独特なタスクを組み込んだポゼッションと、ハイプレスを主体とする攻撃的なスタイルで話題を呼んでいる。

マルティノスも「監督も替わり、戦術も変わっているので、以前とは違ったチーム」と自分が在籍していた頃とは大きく変化していると話す。それでも自分の持てる知識の中で警戒すべき点については「左サイドにいるヤマ(山中亮輔)はとてもいい選手。バブンスキーもいて中に怖い選手がいます。特にウーゴ・ヴィエイラはボックスの中で危険な特徴を持っているので隙きを与えてはいけない。それがキーポイントになると思います」と元チームメートの名前を具体的に挙げた。

理想としては精神的にゆとりのある状況で思い入れのあるこの一戦を迎えたかったはずだが、そんなことも言っていられない。「勝利しか求められていない状況の中で戦わなければいけませんし、その責任を背負っていきたい。もちろん気持ち的には特別な試合になりますが、本当に大事な試合。自分たちに求められることは一つしかありません」。どんな形でもいいから古巣を撃破し、なんとかしてチームに新たな風を吹き込みたい。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月18日(日)16:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 横浜F・マリノス
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報