【広島 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:アグレッシブとインテンシティ。稲垣祥が強く意識する「靴1足分の寄せ」

2018年3月17日(土)

キャンペーンバナー


広島対磐田戦ということになれば、多くの人は川辺駿を思い浮かべるだろう。3年もの間、薫陶を受けてきたチームとの再会。名波浩や中村俊輔といった日本サッカー史上に残る名手たちから教えを請うことができた貴重な時間。その全てが、川辺にとっては貴重な経験だった。

しかしここはあえて、稲垣祥(写真)を取り上げたい。川辺と磐田のエピソードは、いろんなメディアでとりあげるだろう。チーム全4得点中3点に絡んでいる川辺は、まぎれもなく主役である。しかし、その主役を輝かせ、さらにチームの連勝を牽引しているのは、稲垣だと言っていい。
本人も自認しているように決して上手い選手ではない。しかし、彼は実に頭を使ったプレーができる。たとえば鹿島戦の12分、左サイドでボールを奪った後、一気に前に走る。しかも闇雲に前に出るわけではない。このシーン、ティーラシンがドリブルで仕掛けたものの、鹿島の2人に挟まれて潰されてしまった。だが稲垣はそうなる可能性を予測してポジションをとり、こぼれたボールを奪い返す。しかもただボールに触るだけでなく、川辺駿の位置を見据えて正確にパスを出す。そのまま一気に前線に走り、鹿島のDFを引きつけて左に開いた柏好文をフリーにさせた。柏がここでシュートを打つことも考えにいれているから、GKに対して一気に詰めることができた。クォン・スンテが少しでもボールをファンブルしていれば、ゴールである。
この間のスプリントは約70m。本来であれば心拍数が一気にあがっているはずである。だが、そのよどみのない動きの中で、冷静さを全く失わずにインテリジェンスを全開にさせる。「走る」「戦う」というイメージが強く、実際にそういうスタイルではあるのだが、稲垣の本当の武器は心拍が激しい動きを繰り返している中でも、頭脳を回転させることができる逞しい知性にある。それがあるから、浦和戦で川辺のドリブルがこぼれたところに鋭く突っ込んでゴールネットを揺らせることができたのだ。

今季、広島はインテンシティ(プレー強度)の高いプレーをベースにして、最終的にはボールをしっかりと握るスタイルを目指しているが、稲垣はその方向性にうってつけのプレーヤーだ。前節戦った鹿島は、まさにJ屈指のインテンシティの高さを誇るチームではあるが、稲垣のプレー強度は鹿島の選手に勝るとも劣らない。
たとえば18分、ティーラシンの落としに小笠原満男が厳しく突っ込んだ場面でも球際に打ち勝ち、小笠原を振り切って前に出た。さらに植田直通との激しいぶつかりあいでも負けず、ボールを柏に残している。ただ強いだけでなく連続性もあり、相手の連動に対しても対応できる。昨年は彼の連続性に対して周りがついていけず、稲垣のアグレッシブさが逆に相手にスペースを与えることにつながっていた。しかし、今季は城福浩監督の戦術がアグレッシブさを求めるため、稲垣の激しい動きがチームのハーモニーを生み出している。
「監督からは“靴1足分の寄せ”と言われているんです」
稲垣の言葉である。
「チームとしての強度の強さやアグレッシブさは、トレーニングの中で自然と求められているからできること。鹿島戦は相手との兼ね合いもあったけれど、自分たちも少し余裕ができてきたというか、守備のタイミングがあってきたから。どんな試合でもああいうプレーがベースになっていく」

今季の広島は守備が面白い。札幌戦では引いて守る形が目立ったし、その後の2試合もそういうシーンが少なかったわけではない。しかし、身体を投げ出してのシュートブロックや相手に寄せる鋭さは昨年にはあまり見られなかったこと。さらに鹿島戦ではまさにアグレッシブに前に走り、戦う守備ができていた。しかもそれが個人にとどまらずしっかりと連動し、圧力をかけ続ける形ができつつある。
「公式戦5連勝で首位。広島にずっといる選手はこういう経験はあるかもしれないけれど、僕にとっては初めてだから。ちょっと違和感がありますね」と稲垣は笑った。しかし一方で「僕たちはまだ何も得ていないし、何の保証もない。足下しか見ていないです。それにルヴァンカップに出ている選手たちがすごく活躍して結果も出しているし、僕たちも(連勝しているとか)浮かれてなんていられない」。引き締まった表情。強い気持ちを感じた。

昨年は一時、メンバー外の状況が続いた。しかし、それでも彼は自分自身を信じ続け、高いモチベーションを保ってトレーニングを続けた。それがシーズン終盤の2試合連続得点につながり、J1残留に大きな貢献を果たした。だからこそ、稲垣祥はどういう状況に陥ったとしても、決してブレない。自身のスタイルを向上させチームに貢献することだけを考えて、走る、戦う。こういう選手が広島にいることは、大きな財産である。

文:中野和也(広島担当)


明治安田生命J1リーグ 第4節
3月18日(日)16:00KO Eスタ
サンフレッチェ広島 vs ジュビロ磐田
エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島)
みんなの総合評価 (2.6)
臨場感 (2.4)
アクセス (1.6)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (2.7)

移籍情報