【藤枝 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:チーム最古参のイケメンMF・越智亮介。戦術理解度の高さで新チームを引っぱる!

2018年3月20日(火)

キャンペーンバナー


開幕戦はホームで長野に勝利した藤枝は、アウェイ初戦の富山戦では終了間際の失点で破れ、ここまで1勝1敗の8位。スタメン11人中、新加入選手が1節で9人、2節で8人と大幅にメンバーが入れ替わっていることを考えると、昨年より失点が減っており、内容的にも藤枝らしいサッカーをある程度表現できているため、強豪相手の2試合で悪くないスタートと言える。
そんな中で迎える第3節・北九州戦は、J3では珍しい中3日、中3日で行なわれる3連戦の2試合目。昨年までより選手層が厚くなっている藤枝としては、多少メンバーを入れ替えて臨むことも考えられる。

もちろん、メンバーが変わっても藤枝スタイルが変わることはなく、それをどれだけホームのピッチで表現できるかがポイントになるが、そこでカギを握るのは藤枝の戦い方をよく知っている既存の選手たちだ。とくに金沢から移籍して4年目、気づけばチーム最古参となったMF越智亮介は、チーム戦術をもっともよく理解し、それを他の選手にも伝えることができる選手だ。
「うちが掲げている“ハイライン、ハイプレス”の中で、非常に戦術理解度が高く、切り替えの速さも持っているので、攻守にチームのスイッチを入れられる選手です。練習でも、新しい選手への助言も的確ですし、選手間のディスカッションの中でリーダーシップをとってくれるので、本当に縁の下の力持ち的にチームのために尽くしてくれています」と大石篤人監督も厚い信頼を寄せる。
今季は岩渕良太など強力な新戦力が加わったことでベンチスタートが増えているが、万全の準備を怠ることなく、前節・富山戦では北川滉平の負傷により30分からシャドー(トップ下)として出場してチームのリズムを高めた。今節も出場するとすれば同じポジションになる可能性が高いが、前線からの守備が重要な藤枝では、2シャドーは攻撃だけでなく守備でも大きな役割が求められる。
前にプレッシャーをかけにいくタイミングや連動、声かけ、無理せずに下がるときの意思統一など、運動量や切り替えの速さといったフィジカル面だけでなく、状況判断などの頭脳の面も欠かせない。そうした意味で大石監督がもっとも信頼できる選手が越智亮介だ。

越智本人も「うちのスタイルをいちばん知っている自分が、周りを助けながらやっていければなと思っています」と言い、現在のチーム状況については次のように語る。
「今年はメンバーがかなり変わっていますが、みんなすごく藤枝のサッカーをやろうとしてくれているなと感じます。今はそれが少しずつ形になってきて、失点も去年の今頃より全然少ないし、全体的に意識が高いので、これからもっともっと良くなってくると思います」。
まだ完成度という意味では「もうちょっと…」という段階だが、その分伸びしろは大きい。

「富山戦では(開幕戦よりも)自分たちがボールを持つ時間が長くなってきたので、もう少し中と外を使い分けて、コンビネーションを使って崩していけたらなと思います。誰が出てもやるべきことは変わらないですし、そこは全員が理解しているので、ホームで試合をするのが楽しみです」

11人全員が迷いなく戦えるように前から引っぱっていける選手がピッチ上いることは、今節の藤枝にとっては大きな意味がある。それによって過去2試合以上に藤枝らしいサッカーを、J1ライセンスを持つ北九州相手に表現できれば、結果のほうも自ずと伴ってくるはずだ。

文:井上慎也(藤枝担当)


明治安田生命J3リーグ 第3節
3月21日(水)13:00KO 藤枝サ
藤枝MYFC vs ギラヴァンツ北九州
藤枝総合運動公園サッカー場(藤枝MYFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.5)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報