【徳島 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:「去年の悔しさがあったからこそと言えるシーズンにしたい」(内田裕斗)

2018年2月24日(土)

キャンペーンバナー


「去年の悔しさ」。そこには、2つの意味があるはずだ。

もちろん1つ目は、チームとしてJ1昇格を達成できなかったこと。2つ目は個人として思うように出場機会を得られず、なかなか勝利に貢献できなかった悔しさだろう。昨季を振り返ると、下を向きそうになった日もあった。だが、結果として「好きなサッカー」に対して嘘をつくことはなかった。

「成長するためにできるかどうか」。出場云々に関わらずチームのために、また自らの成長のためにトレーニングを続けてきた。

目前に迫る開幕戦。ピッチ上には躍動する内田の姿がある。そして、進化した姿がある。「自分がしかけるときと、ボールを動かすときの判断」を意識し、ときに冷静でクレバーに。これまでのアグレッシブな印象とは異なるプレースタイルで存在感を放ち、自分自身でも「開幕までの時間を通してかなりレベルアップできたと思っています」とその進化を肌で感じている。

「今季は試合に出場しながら、J2でナンバー1のサイドプレイヤーになれるように。そして、J2優勝。去年の悔しさがあったからこそと言えるシーズンにしたい」。

ナンバー7。新たな背番号を纏う内田を見逃すな。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月25日(日)14:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ファジアーノ岡山

スタジアムナビ