【浦和 vs G大阪】 ウォーミングアップコラム:荻原拓也、停滞ムードに風穴を開けろ

2018年3月13日(火)

キャンペーンバナー



3月10日、浦和は昇格組の長崎と1-1で引き分け、試合後にはアウェイの地でブーイングを浴びた。前節・広島戦に続くサポーターからの強いメッセージだった。

開幕からリーグ戦3試合を終えて2分1敗。しかも勝利なしという結果のみならず、内容面でも見栄えがしないだけに、選手もその反応は当然のことだと受け止めている。

そんな重苦しいチーム状況の中でも明るい材料と言えるのが、ユース昇格組の荻原拓也(写真)だ。プレシーズンに行われた札幌とのトレーニングマッチでハットトリックを決めるなどして存在感を高めた若武者は、プロデビューとなったYBCルヴァンカップ初戦の名古屋戦で2得点を決め、強烈なインパクトを残した。

荻原のプレーは見ている者をワクワクさせる。若者らしい勇猛果敢な態度が小気味いい。

名古屋戦の1点目などはまさにそれだ。左利きの選手にとっては自分の背後から出てくるようなボールに対し、強引にシュートで合わせた。「ゴールは見ていない。感覚で打った」。その鋭い眼光は猛禽類を連想させるが、一瞬の隙を逃さず獲物を仕留める様はそのものである。

2点目も攻めの勢いでゴールをこじ開けた。長澤のスルーパスに左サイドから飛び出すと、スピード勝負からシュートに持ち込んだ。自分が決めるという強い意志が宿るプレーだった。

「攻撃の迫力だと思う。自分の武器である左足やスピードはこの試合で出せた」

初めて踏んだプロの舞台で示せた己が特徴に自信を深めた。ルヴァンカップでは21歳以下の日本国籍選手を最低1名スタメンで起用する義務があり、浦和で対象になるのはユース所属の2種登録を除くと橋岡大樹と荻原のみ。名古屋戦で結果を出しただけに、G大阪戦で再びチャンスが巡ってくる可能性は高い。

まだ恐れを知らぬ若人よ、その豪胆な立ち回りで一筋の光明となれ。

文:神谷正明(浦和担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月14日(水)19:30KO 埼玉
浦和レッズ vs ガンバ大阪
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報