【磐田 vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:磐田の不動のストライカー・川又堅碁

2018年4月14日(土)


前節リーグ戦未勝利のガンバ大阪とアウェイで対戦したジュビロ磐田。立ち上がりのセットプレーから失点を許すと、後半終盤にカウンターから追加点を許して0−2で敗戦した。ノーゴールで終わった磐田だが、決定機を作り出すことはできていた。しかし最後の決定機での精度を欠いた。磐田は、シュート本数でもガンバ大阪の10本に対して、13本放ちシュート本数では上回っている。あとは決定機を決めるという僅かな差を埋めることができるかどうかが勝利をつかむポイントとなるだろう。そういった意味でも磐田のストライカー・川又堅碁(写真)のゴールこそ、チーム全体が欲していることと言えるだろう。

川又はここまでリーグ戦では全試合スタメン出場。川又がチームにとって不動のストライカーであることに疑いの余地はない。前線からの献身的なプレッシングに加え、守りのセットプレーではストーンの役割をきっちりと果たし、磐田にとって得点以外でも重要な役割を担っている。ただストライカーを務めている以上、ゴール数に注目が集まることはストライカーの宿命とも言える。磐田は、ここまでリーグ戦で4得点に留まっており、川又も「ここまで得点ができていないのも俺の責任やと思う」と話し、現状の得点力不足に責任を感じている。そんな責任感の強い川又は、今節鳥栖戦の2日前のトレーニングで、約1時間居残りでシュート練習を敢行した。最後の最後までグラウンドに残り、名波監督とマンツーマンで指導を受けるなど、チームの得点力向上のために汗を流した。「名波監督から色んなアドバイスをもらった。(アドバイスは、)一言では言い表せない。」とアドバイスの内容は明かさなかったものの、得点力向上のために責任を感じ、そのために汗も惜しまない姿勢には感服する。今節鳥栖戦に向けて川又は、「俺が決めてチームを楽にしたい。勝たせたいという気持ちは強い」と自身のゴールとチームの勝利を約束。川又は責任感が強く、ひたむきに努力する姿を目の当たりにしているからこそ、ゴールという結果で報われて欲しい。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
4月15日(日)15:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖

ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報