【福岡 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:鉈の強さで相手守備陣をなぎ倒す。ドゥドゥのゴールが勝利を呼ぶ。

2018年4月21日(土)


「キャプテンを指名されたのは試合前のロッカールーム。監督がみんなの顔を見渡して、一番かっこいいキャプテンを選んだんだよ」
山口戦終了後のミックスゾーンでのドゥドゥ(写真)の言葉。いつも明るく、周りに笑い声を絶やさないドゥドゥらしいジョークだった。

とにかく明るい。日々の練習でも、練習前や練習後のちょっとした時間に、誰かにちょっかいを出しては周りの笑いを誘う。囲み取材では、何かの拍子にジョークを繰り出して記者たちを笑わせることがしばしばだ。けれど、ピッチに入るとその表情がガラリと変わる。その目は獲物を狙う猛禽類の目のよう。常にゴールを目指し、そしてチームの勝利のために攻守に渡って誰よりも献身的に戦う。

持ち味はパワーとスピードを生かした前への推進力。そして意外性のあるプレーでスタンドを沸かせる。ここまでの3ゴールはいずれも彼の特長が色濃く出たものばかりだ。初ゴールは第2節の京都戦。ゴール前で宙に舞い、豪快なバイシクルシュートでゴールを揺らした。2得点目は第7節の栃木戦。自陣で得たFKのチャンスに前線に飛び出すと、競り合う相手DFをスピードとパワーで置き去りにしてゴールを奪った。3点目は同じく栃木戦。ゴール前のこぼれ球を嗅覚鋭く豪快に蹴りこんだ。

そして、真骨頂は前節の山口戦。自陣中央でクリアボールを受けると、激しく競り合う相手を倒して前へ。さらに身体をぶつけに来た相手を逆に弾き飛ばして相手ゴール前まで運んで勝利を決定づける2点目をお膳立てした。「あれが自分の本来のスタイル」とは本人の弁。その力強いプレーは、切れ味鋭い「剃刀」と言うよりも「鉈」という言葉が良く似合う。2度の決定機を決めきれなかったことを挙げ「勝てなかったら最悪の1週間になっていた」と振り返るが、ドゥドゥが山口戦の勝利の立役者の1人であったことは間違いない。

そして迎える千葉戦。ハイライン、ハイプレッシャーを特長とする千葉との戦いは難しい試合になることが予想されるが、見方を変えれば、裏のスペースへ力強く飛び出していく特長を持つドゥドゥにとってはチャンスでもあり、3試合ぶりのゴールが期待されている。それをドゥドゥに伝えると、こんな言葉が帰って来た。
「山口戦のように、自分がキャプテンマークを巻いて、チャンスにシュートを外して、それで勝てるのならそれが一番。でも点を取らないと、いつゴールしたか忘れてしまいそうだね。ガンバリマス」

千葉戦は今季初の連勝がかかる試合。「J2優勝、J1昇格」をノルマとする福岡にとってはホームゲームを勝利して勢いに乗りたい試合でもある。その試合で自らのゴールでチームを勝利に導くつもりだ。その時レベルファイブスタジアムは歓喜の渦に包まれる。

文:中倉一志(福岡担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
4月22日(日)13:00KO レベスタ
アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド千葉

スタジアムナビ