【讃岐 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:ポジティブシンキング、重松健太郎に注目だ!

2018年5月2日(水)


シーズン前、期待の新戦力として紹介した重松健太郎(背番号19・写真)がここまでの全11試合に先発出場、3ゴールと期待通りの活躍を見せている。前節、福岡戦後の囲み取材で重松に話を聞いた。

Q:今日の試合を振り返って下さい。
A:攻撃はシュートで終わることも出来ていたし、得点して勝点1が取れたこと、負けなか
ったことをプラスに捉えて、連戦なので次に取り組みたいです。

Q:先制点の場面は?
A:パスでボールが動いている間にうまくスペースに入っていけました。ボールが出て来たのはみ
んなでイメージが共有できたからだと思います。あとは、ゴールに流し込むだけでした。

Q:渡邉大剛選手が怪我から復帰しました。変化はありましたか?
A:大剛さんがボールを持つとゲームが落ち着く時間を作ってくれるのでその間に上がったり、と
てもありがたいです。でも、任せっきりになってしまわないように、そこはしっかりやりたいで
す。

Q:88分に失点、ホーム初勝利が寸前でお預けになりました。もったいなかったですね。
A:もったいないというか、失点を悔やむよりもチャンスを生かせなかったのが残念です。僕のと
ころでも何度かあったのでそこを決めたかったです。

サッカーはミスが支配するゲーム。失点を乗り越え、チーム全体で次のプレイにいかに集中する
かが勝敗を大きく左右する。筆者は、囲み取材で感じた重松の真っ直ぐな視線とポジティブ思考
に期待する。

長らくホームで勝利のない讃岐。直近の勝利は、なんと昨年の8月16日。奇しくも今節の対戦相
手横浜FC戦まで遡る。「ホームで勝って、スタジアムのみんなで喜びを味わいたいです」と語っ
てくれた重松健太郎。果たして8ヶ月ぶりに歓喜の瞬間は訪れるのか。今季ホーム初勝利を目指
すカマタマーレ讃岐に注目して欲しい!

文・写真:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月3日(木)15:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs 横浜FC

スタジアムナビ