【C大23 vs 盛岡】 ウォーミングアップコラム:戦列復帰を果たした"右の槍"。沖野将基が、未勝利が続くチームを活性化する

2018年7月6日(金)


今節、この男がケガから戻ってくる。“桜の突貫小僧”こと沖野将基(写真)だ。澤上竜二への見事なアシストを決めた明治安田J3第11節・YS横浜戦の試合中に左足首を負傷。そこからピッチに戻るまで、しばらく時間がかかった。欠場している間、チームは未勝利。もちろん、理由はそれだけではないが、サイドで推進力をもたらせる彼の不在は、主に攻撃面で大きな痛手となった。
 
昨季途中、サイドハーフから1列落とし、サイドバックに転向した。最初は守備面での不慣れさもあり、戸惑いも見せていたが、低い位置でボールを収め、そこから長い距離を走って攻撃参加できる脚力も生かせる。俊足でもあり、香車のごとくサイドを疾走できるサイドバックは、持ち味である突破がより生きる持ち場でもあった。縦関係を作る斧澤隼輝とのコンビも息は合っており、今季の右サイドは活性化されていた。
 
サイドハーフからサイドバックへの転向と言えば、C大阪のアカデミーの先輩でもある丸橋祐介が浮かぶ。プロ2年目に左サイドバックへ転向した丸橋とは、ドリブルの突破力やフィジカルの強さ、足の速さなど、共通項も多い。新境地を切り開きかけている沖野もまた、ここから大きく飛躍できる可能性を秘めている。
 
前節、リーグ戦での連敗を3で止め、8試合ぶりの勝利を目指す今節。欠場中、「治ったら、よりチームに貢献したい」と話していた沖野が戦列に復帰することは、チームにとって朗報だ。まずはベンチからのスタートが濃厚だが、「明日、ホームで勝てるように、どの立場からでもチームをサポートしていきたい」と話す、“右の槍”に注目したい。

文:小田尚史(C大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
7月7日(土)19:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪U−23 vs グルージャ盛岡
キンチョウスタジアム(セレッソ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.5)
アクセス (5.0)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.5)

スタジアムナビ