【鹿児島 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:二試合連続ゴールの中原秀人 プロの世界へ導いたのは

2018年9月14日(金)


三連勝と波に乗る鹿児島ユナイテッドFC。好調の要因の一つに中原秀人の存在があるだろう。ボランチとして常にボールに絡み試合を展開していく能力だけでなく、Y.S.C.C.横浜戦、福島ユナイテッドFC戦と二試合連続ゴールを決めるなど攻撃面でもチームを牽引している。地元鹿児島での初ゴールに中原は「家族も来ていましたし、鹿児島でゴールできて良かったです」と話す。その表情はとても穏やかだった。
 
中原は海の美しい鹿児島県阿久根市で生まれ育った。佐賀東高校を経て福岡教育大学に進学し大学では九州大学選抜でも活躍した中原を北九州にプロの世界へと導いたのは当時ギラヴァンツ北九州の監督を務めていた、現・鹿児島ユナイテッドFC三浦泰年監督だった。中原は大学在学中北九州に特別指定選手として登録された。「自分がプロの世界に入るきっかけやチャンスをくれたのは間違いなく三浦監督でした」。中原は当時を振り返る。その後三浦監督が北九州を離れるタイミングで中原もアビスパ福岡へ加入することになるが、当時三浦監督は進路に悩む中原に「自分で(行先を)決めなさい」と伝えたという。三浦監督も、中原本人もその当時の事をよく覚えていると話してくれた。その言葉はプロの世界へと中原を導いた指揮官の愛情だったのだろう。今こうして再び三浦監督の元でプレイする事について中原は「選手としてなかなかない経験。もっともっと監督に勝利を届けたい」と語る。
 
スタジアムにはいつも中原の家族の姿がある。大切な家族が見守る中、大切な仲間と、そして中原にとって大きな存在である三浦監督、さらに心強いサポーターと共に連勝街道を突っ走る。「次は古巣北九州との戦い。ホームですし必ず勝てるようにプレイしたい。沢山の応援お願いします」― 今節も中原の活躍に注目だ。

文・写真:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第23節
9月15日(土)19:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.8)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.4)

スタジアムナビ