【松本 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:リーグ終盤を前に、高まる岩上祐三への期待感

2018年9月14日(金)


今節・山口戦に向けて、準備を進める松本。敵地での前節・福岡戦は後半アディショナルタイムに新加入のジネイによる決勝点が飛び出すという劇的な結末となり、何とか順位も自動昇格圏内に踏みとどまった。このホーム2連戦を前に、周囲の期待は高まる一方だ。

昇格争い(あるいは残留争い)が本格化するリーグ終盤は、どうしても1点が勝敗を分けるような手堅い試合が多くなる。セットプレーの重要性が増すなか、岩上祐三(写真)の存在がクローズアップされるのは必然といえる。先の福岡戦でも決勝点をアシストしたのは岩上だった。センターサークル付近で得たFKから、最前線めがけて右足一閃。このキックがジネイの価値あるゴールを生んだ。

「この前の練習試合からジネイと一緒にやっていて、どれだけ強さと高さを持っているのか自分の中では把握していたつもり。GKにとられることなく、なおかつ滞空時間の長いボールを蹴れば、ジネイは(空中戦で)勝てる」

試合後、岩上は自身のアシストについて冷静に総括した。ジネイのヘディングシュートは素晴らしかったが、岩上の鮮やかな弧を描いたロングキックも同様に称賛しなければいけない。

今週のトレーニングでも、セルジーニョや高崎寛之と共に居残りのFK練習に励む姿があった。その精度はやはり卓越しており、幾本もの正確なキックを枠内に放っていたのが印象的。ここ2試合はベンチスタートとなっているが、サイドでもシャドーでも活躍できるだけに、チームの信頼は不変だ。

例年以上に混戦模様のJ2。薄氷を踏む戦いは最後の最後まで続きそうだが、背番号47には大舞台で何かをやってくれそうな期待感に満ちている。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第33節
9月15日(土)13:00KO 松本
松本山雅FC vs レノファ山口FC
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.7)

スタジアムナビ