【柏 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:帰ってきた背番号4、鈴木大輔

2018年9月14日(金)


9月9日のYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の試合前。まだピッチにはウォーミングアップに出てくる選手の姿はない。にもかかわらず、日立台に詰めかけたサポーターは異様な盛り上がりを見せた。なぜなら、“あの男”が柏に帰ってきたからだ。

2015年まで柏に在籍し、スペイン2部のジムナスティック・タラゴナでプレーしていた鈴木大輔(写真)が、3年ぶりに柏に復帰することが決まった。ルヴァンカップの甲府戦前、スタジアムの電光掲示板に鈴木の姿が映し出され、場内アナウンスで改めて移籍加入が告げられる。メインスタンド中央部の選手用の出入り口から鈴木が現れると、スタンドからはスタンディグオベーションが沸き起こった。80年代にヒットしたシーナ・イーストンの『モダン・ガール』を原曲にした鈴木のチャントが、3年ぶりに響き渡った。

今週のトレーニングでは早くも存在感を発揮していた。常に声を切らさずコーチングをし、フィジカルコンタクトでは実戦さながらに球際の激しいプレーを見せた。

「結構疲れました。でもフィジカルコンディションは問題ないです。戦術面は見えてきたところもあり、みんなと合わせなければいけないというところもある。でもだいたいは掴めてきました」

試合へ向けて、着々と調整を進める鈴木。今節の清水戦に出場すれば“ぶっつけ本番”という形にはなるが、本来持つ実力の高さに加え、これまで国内外で積み上げてきた経験則や彼の持つパーソナリティー、強烈なリーダーシップは「加入したばかり」という不安など微塵も感じさせず、むしろ大きな期待感の方が強い。加入直後だが、いきなりの起用も十分にあり得るだろう。

ネルシーニョ監督時代に一緒にプレーし、ともにタイトルを取ってきた大谷秀和と栗澤僚一の2人も「大輔は厳しさを知っているし、締めるところは締められる選手。リーダーシップを取ってもらいたい」と期待を込める。また、パク ジョンスは「後ろから声を出して多くの指示を出してくれますし、リーダー的な役割を持つ選手。攻撃をしているときでも、後ろに残ってリスク管理の指示も出してくれます」と言い、ルヴァンカップでデビューを飾ったばかりの19歳、中川創も「大輔くんは存在感が違う。オーラが漂っている」と刺激を受ける。同じCBの選手たちにも一緒にプレーすることで早くも影響を与えているようだ。

背番号は、以前と同じ慣れ親しんだ4。日立台のプレーについて問われると、鈴木はわずかに笑みを見せて「楽しみです」と一言。ただ、シンプルな言葉だからこそ、彼の自信を感じさせた。

帰ってきた背番号4、鈴木大輔。3年ぶりに日立台のピッチに立つ。

文:鈴木潤(柏担当)


明治安田生命J1リーグ 第26節
9月15日(土)19:00KO 三協F柏
柏レイソル vs 清水エスパルス

スタジアムナビ