【浦和 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:指揮官の信頼厚い青木拓矢、攻守に奮闘すればそれだけ勝利が近づいてくる

2018年9月29日(土)


飄々としていて、なかなか掴みどころがない。おっとりとした口調で、独自の雰囲気を醸し出す。核心をついたつもりの質問を投げても、ふわっとした答えが返ってくるのは天然なのか、確信犯なのか。誰が言ったか、「ゆるキャラ」という表現がピタリとはまる。

だが、ピッチに立った時の青木拓矢は“ゆるくない”。プレーで自身の存在をきっちりと主張する。

3−4−2−1のダブルボランチ、中盤が3枚構成の時はアンカーを担い、気の利いた動きでチームを安定させる。中盤でユニットを組むチームメイトとの関係上、役割としては守備のリスクマネジメントを意識したプレーの比重が大きく、攻守が入れ替わった際には相手に起点を作らせない。球際の攻防では、フィジカルの強さを生かし、インテンシティの高い寄せでピンチの芽を潰す。

だが、決して「守備専」のプレーヤーではない。ミハイロ・ペトロヴィッチ体制下では途中出場で守備を引き締める「クローザー」を担ったこともあり、そのイメージが強いが、現在は攻撃への関与も増えてきている。元々は大胆な飛び出しから相手ゴールも急襲する「ボックストゥボックス」タイプである。前節の神戸戦では、するするとアタッキングサードまで上がり、セカンドボールからゴールを決めた。ミドルシュートは持ち味のひとつだ。

柏木陽介のようなプレーメーカーではないが、キックの精度は高い。守備陣とのビルドアップの局面ではショートパスを丁寧につなぎ、サイドチェンジをすべき場面ではミドルパスをしっかりとワイドの選手に通す。前々節の横浜FM戦では、DFラインの裏を狙った武藤雄樹にドンピシャのタイミングで浮きパスを通し、ゴールをアシストした。

「青木のテクニックは成長している。アグレッシブに、ダイナミックに守備をしているが、ボールを持ったところのクオリティを求めると理解してくれているし、それをよく表現してくれている」

攻守両面での貢献度を高めている背番号16に対し、オズワルド オリヴェイラ監督の信頼は厚い。前節の神戸戦では「アンカーの青木が勝利の道を開いてくれた」と名指しでパフォーマンスを絶賛した。

守備の局面ではDFラインの前に立ちはだかる防波堤として、攻撃の局面ではビルドアップと崩しのサポート、時にはゴールに直結する決定的なプレー。求められる役割は多岐に渡るが、今の青木ならその期待にも応えてくれるはずだ。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第28節
9月30日(日)14:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 柏レイソル
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報