【東京V vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:U-19日本代表MF藤本寛也は誓う。「もっと貪欲に、もっとゴールに直結する決定的な仕事を」

2018年10月5日(金)


ルーキーであることをすっかり忘れさせる。それほどまでに、すでにチームにとって欠かせぬ戦力になっているのが藤本寛也(写真)だ。ミゲル アンヘル ロティーナ監督も、そのポテンシャルの高さに、開幕からスタメンに抜擢し、試合経験を積ませる中で早期成長を促してきた。

だが、それは決して“育成枠”での起用はない。19歳MFが、自らの実力で掴み取ったポジションであることは、そのプレーを見れば誰もが納得する。同じ攻撃的MF佐藤優平も「ボールを蹴る力が人よりもあるし、インサイドパスで楔をつけられる範囲が人よりも広い。コンビネーションも得意だし、自分でも打開ができる選手」と、9個下の逸材を高く評価している。

プレーだけではない。メンタルも強く、決して物怖じなどしない。高卒1年目とはいえ、思ったことや考えをきちんと自分の言葉にし、伝えることができる賢さも兼ね備えている。

前節は、第24節以来の試合不出場となった。久しぶりに90分間ベンチからチームの戦況を見つめ、改めて気付かされたことは少なくなかったという。「調子の良い時のヴェルディだったら、強いプレスをかけられても、近い距離感で剥がしていけていたのが、その距離感が遠いなと感じました。もう1つは、バイタルに入っていく回数が、今までよりも少なくなったのかなと。強引でも入って行かないと、自分たちが攻撃をしてても、相手はそんなに怖がっている印象がない」。同様に、他の選手たちも「ここ3試合ぐらい、チームは負けてはいないけれど、内容はあまり上手くいっていない」と、全体的な物足りなさを口にしており、「攻めの時に、勝負のパスとか、ゴールに直結するようなドリブルやパス、シュートが少ないので、それぞれがもっとプレーに自信を持って、もっと貪欲にやっていいのかなと思う」藤本も積極さの必要性を強調した。

U-15日本代表から、藤本は各世代の日本代表に選ばれ続けてきた。そしてこの度、10月18日に開幕するAFC U-19選手権インドネシア2018に出場するU-19日本代表メンバー23人にも選ばれ、この試合の終了後、チームを離れることとなる。

4強に入れば、2019年5月にポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得する。「U-20ワールドカップはプロに入る前からの目標であり、通過点。絶対に出たいので、(メンバー入りは)素直に嬉しい」と、率直に喜ぶが、一方で、チームのJ1昇格に貢献したいとの思いも当然ながら強い。だからこそ、「次の甲府戦での勝利に集中したい。まずはチームが勝つこと、その上で、状態が良ければ得点やアシストができればいいなと思っています」

前回、代表招集によりチームを離れたのは6月。ロシアワールドカップに出場した日本フル代表のトレーニングパートナーとして、ロシア遠征を行ったU-19日本代表メンバー選出のためだった。その際、ロシアの地で衝撃を受けた1人が、その数週間前に東京Vの練習に参加した本田圭佑(Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC)だったという。

「練習でも、パス、シュート、1つ1つにこだわってやっているなと感じました。だからこそ、試合で得点できる。途中出場でも、しっかりとアシスト、ゴールで結果を出してるし、見てる人にも『出たら何かをやってくれそう』という雰囲気も感じさせる。そして、本当にやれてしまうからすごい。さらに一番印象を受けたのが、チームの鼓舞。ワールドカップのような大舞台でベンチスタートで悔しいはずなのに、監督と同じぐらいの感じで、ずっとベンチから立ち上がって、ピッチの選手たちに声をかけたり、アドバイスをして、仲間を鼓舞することができる姿が、本当にすごいなと思いました。僕も、日本に帰ってきてからは、そこはすごく意識するようになりました」

実はこの試合、その感化されたスター選手・本田圭佑のモノマネで人気のユーチューバー『MAKIHIKA(マキヒカ)』氏(【Channel MAKIHIKA】https://www.youtube.com/channel/UCMVVGkL1FuB6_-9J4P9aoLg)がイベントとして来場し、スタジアムを盛り上げる予定だ。密かに、「動画で見て面白いと思っていた」という藤本。試合2日前の10月4日、練習場を訪れた同氏と対面し、「めっちゃ似てた!」と胸を弾ませた。

試合当日、本物さながらのパフォーマンスを見て、改めて本田の背中から学びとったことへの意識を高めるに違いない。

代表への思いはひとまず封印。留守にする分も、チームのために全力を尽くすことを誓う。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第36節
10月6日(土)15:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs ヴァンフォーレ甲府
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.8)
グルメ (2.8)
アウェイお楽しみ (2.5)

移籍情報