J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【横浜FM vs 鹿島】 ウォーミングアップコラム:遠藤渓太はニューヒーローになれるか?

2018年10月13日(土)


横浜FMのスタメン唯一のニューヒーロー賞対象の選手が、遠藤渓太(写真)である。U-21日本代表として臨んだアジア大会後は、スタメンの座をキープ。高パフォーマンスを見せ、YBCルヴァンカップ準々決勝のG大阪戦2ndレグより5試合、90分間フル出場を続けていた。

ただし、10日のYBCルヴァンカップ準決勝・鹿島との1stレグでは、最初に交代を命じられ、76分にピッチを去ることに。試合後、自身に下した評価はこうだった。

「今までの数試合よりパフォーマンスが落ちたというよりも、守り方の質とかそういう部分で相手に上回れた感がある。自分自身の調子がパッとしないというよりも、うまく封じ込まれてしまった」

パフォーマンス自体は悪くなかったという。この試合では対峙した鹿島の右SB内田篤人に封じ込まれた感があり、そこは「自分の力不足」と認めつつも、「パフォーマンス自体に何かあったわけじゃない。ポジショニングもしっかり守れていたと思う」と、守備や周りの選手を活かすなど、ボールがない時の動きの質に、自分なりの手応えを得ていた。

だが、もちろん満足はしていない。「点を取ったり、アシストしたりして、チームの助けになりたい気持ちはすごくあります」と、目に見える結果を渇望。そのためには鹿島の牙城を崩さなければいけない。「裏への抜け出しに対する対策みたいなものが鹿島にはあった。CBの選手がスライドしてきたりとか、狙われている感じがありました」。

この高いハードルを越えた時、13年受賞の齋藤学(現川崎F)以来5年ぶりに、トリコロール軍団からニューヒーロー賞受賞者が誕生する可能性が高まる。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦
10月14日(日)14:00KO ニッパツ
横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ
ニッパツ三ツ沢球技場(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)
  一覧  

移籍情報