【福島 vs 鳥取】 ウォーミングアップコラム:右サイドバック抜擢で新境地を開拓。岡田亮太が見せる進化

2018年10月27日(土)


今シーズンは主に右サイドバックとして試合出場を重ねている岡田亮太(写真)。昨シーズンまでは長身を生かした高さ勝負やフィジカルの強さを生かし、センターバックでの出場が多かった。しかし今シーズンは脚の長さを生かし、パワフルなドリブル突破を見せて積極的に攻撃参加するようになり、右サイドバックとして新境地を開拓している。

ここしばらくはセンターバックに戻った試合や、4-1-4-1に布陣を変えてアンカーを務めた試合もあったが、前節群馬戦は再び右サイドバックに戻り、パワフルな突破から決定機をつくった。ここ数試合より手応えのある内容だっただけに「勿体ない試合だと思います。僕らがボールを持てていたのですが、その中でシュートまで行けていませんでした。もっとシュートまで行く姿勢を突き詰めてやっていきたい」と0-1で敗れたことを悔やんだ。

再び右サイドバックに戻ったことで「より攻撃を意識してやろうと思っています」と語るが、チームとして現状、失点が多いこともあり、「DFとして失点を無くすことを意識したい」とも語る。センターバックでもサイドバックでも「まず良い守備から」を考えていると語り、良い守備から良い攻撃へつなげようと、日々試行錯誤を重ねている。

東北社会人リーグ時代から在籍する数少ない選手の一人。9月に30歳となり、ベテランと言われる年齢に差し掛かりつつあるが、右サイドバックという新たなポジションを自分のものにしようと進化を見せている。「僕らは最近勝てていませんが、ホームですし、ぜひ勝ってみんなで喜び合いたい」と長年チームを支えるサポーターへ勝利を届けようと意気込む岡田。9月2日第21節C大23戦以来の勝利を挙げるため、果敢に右サイドを駆け上がる。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
10月28日(日)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs ガイナーレ鳥取
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (2.5)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (3.2)

スタジアムナビ