【長野 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:ミッションは『ストップthe琉球』。阿部伸行は最強攻撃陣の壁となる

2018年10月27日(土)


今節の相手はリーグトップの得点数を誇る首位・琉球。1試合平均で2点以上を記録する相手だけに、阿部伸行(写真)の仕事はいつも以上に忙しくなる。ただ、「相手が首位で攻撃力があるということで変に相手に合わせることなく、自分たちが取り組んでいることで勝負したい」と阿部。前からボールを奪いに行く積極的な守備で対抗し、恐れることなく勝点3を狙う。

ここ2試合は、いずれも後半アディショナルタイムに失点を喫して勝点を失っている。「勝ち切れていないというのは、まだ何か足りていないということ」。ここ6戦クリーンシートがないチームについて「スキがある」という言葉を何度も使い、なかなか拭い切れない甘さを自覚していた。

ただ、この試合では「もう一度自分たちの存在意義とともに、個人としてもパルセイロとしてもしっかり価値を見せなければならない」。琉球は今節で勝利を収めるとJ2昇格の可能性があり、長野は敗れればその可能性が完全に消える。同じ目標を掲げていたチームには現状、小さくない差がついてしまった。それでも、「目の前の1試合で得点を取る、無失点に抑える、勝利するということが一番価値を上げられることだと思うので、それをきちんと成し遂げることが一番のモチベーション」と、背番号16は戦う意義を失うことはない。

「期待してくださっている方を裏切っている」という状況は、誰よりも理解している。だからこそ、J2に向かって突き進む相手に意地を見せ、ホームで自分たちの強さを証明しなければならない。「Uスタに来て下さる方がいる限り、その方々へ絶対に勝利を届けられるように、そして自分たちも勝利して喜べるように必ず勝ちたい」。長野の守護神は自らを突き動かす思いを胸に、琉球攻撃陣の壁となる。

文:林口翼(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
10月28日(日)13:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs FC琉球
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.8)