【YS横浜 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:奥田晃也、直面する眼前の壁。

2018年10月27日(土)


YS横浜の攻撃を奥田晃也(写真)なしでは語れない。

相手ブロックの間でボールを受けてからのドリブル突破が魅力で、とにかくゴール前へ推進していく突破力はJ3でもトップクラス。特に目を見張った天皇杯2回戦・浦和戦では、激しいチェックの中でも一人、二人と交わしてチャンスに絡んでいくポテンシャルの高さを披露して、YS攻撃陣の“運び屋”として象徴的な存在感を放っていた。しかし、この後期に差し掛かってきたところで、対戦相手は丹念に研究を重ねて対策を打ってくる。その一つが、奥田を封じることだった。

「ターンすれば運べていたのが、ターンしたらもう一人いるんですよね…。ターンしたら前ならいなかった人がいる…」

いつもどおりスルリと前を向けば自由にドリブル突破、あるいはスルーパスでゴールに繋がるチャンスを演出してきた。それがいま、YS横浜の要注意人物として常に厳しいマーキングを相手から受けて、窮屈なプレーを強いられている。「前期ほどフリーで受けることができないし、前にめちゃくちゃスペースがあることが少ない。フリーで受けられるようなところを探しているんだけど、なかなか少ないし…。こぼれを拾うかカウンターでという感じじゃないと難しい」と話すように、未だに明確な突破口を見出だせない現状である。

その中でも一時期は密集地を避けて低い位置に降りてボールを受けるなど工夫をしながら、「後期の最初のころに比べたら、ボールを受けられている」局面までクリアすることができた。反面、「けっこう低い位置で受けてからスタートするので。シュートも打てていないし…」という壁に直面しており、本来の良さを発揮できずにいる。

だが、これまでのサッカーキャリア、YS横浜に加入してからも、その時々の感覚を頼りにプレーしていたのが、この後期からは状況判断して“どうするべきか”を工夫できるようになったのは伸びている部分。よく樋口靖洋監督が口にする、選手の成長要素として “何が必要で、何が足りないのか”を「気付く」ところまでに奥田が到達したとは言えないが、その一端は薄っすらと見え始めている。

この残り6試合で、奥田に纏わりつく殻を破ることができるのか。一つひとつのプレーの試行錯誤から「気付き」の答えを導き出せるのか。すべてが良い方向に進むことができれば、再び背番号15とYS横浜は息を吹き返せるはずだ。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第29節
10月28日(日)13:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs ブラウブリッツ秋田
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (5.0)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.0)

スタジアムナビ