【2019シーズン始動!】名古屋:新体制発表会での出席者コメント(2)

2019年1月15日(火)


1月14日(月)、名古屋の2019シーズンチーム新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。

シーズンチケット2019の詳細はこちら!
----------

新体制発表会でのコメント(1)はこちら!

●相馬勇紀選手
「こんにちは!早稲田大学から来ました相馬勇紀です。本年“も”よろしくお願いします!」

Q:今シーズンの目標はいかがでしょうか。
「数字といたしまして、10ゴール10アシストというものを目標にやっていきたいと思います」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「私は入団が決まった時にも言わせていただいたのですが、14年前、初めてピッチに立ったのが名古屋グランパスの“エスコートキッズ”でした。その憧れのチームで、しかもデビュー戦が歴代最多の観客数が更新された豊田スタジアムで、本当にグランパスが最高だなと感じています。見に来てくださる方々に、毎試合笑って帰って、また明日から頑張ろうって思ってもらえるようなプレーや結果を出していきたいと思っています。応援よろしくお願いします」

●榎本大輝選手
「こんにちは!東海学園大から加入の榎本大輝です。よろしくお願いします」

Q:今季の意気込みは?
「今年は試合にしっかり出て、自分のプレースタイルであるドリブルを見せていきたいと思います」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「選手、スタッフ、みんな、サポーターの皆さんと本当に良いものを作り上げて、しっかり勝っていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

●渡邉柊斗選手
「こんにちは!東海学園大から来ました渡邉柊斗です。地元の名古屋グランパスに入団することができて、嬉しく思っています。よろしくお願いします!」

Q:今季の意気込みは?
「自分は去年、ほぼサッカーをすることができなかったので、まずはプレーすること、あとは試合に絡むことを目標にやっていきたいと思います」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「選手だけでなく、サポーターの皆さんと一緒に力を合わせてやっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

●藤井陽也選手
「名古屋グランパスU-18から昇格しました藤井陽也です。去年は43番で公式戦に出場していました。よろしくお願いします。今年は34番です」

Q:今季の意気込みは?
「昨シーズンはチームの勝利に貢献できなかったので、今年は試合に出て、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「皆さんの応援が力になると思うので、熱い応援を今年もよろしくお願いします」

●成瀬竣平選手
「皆さんこんにちは。去年は2種登録で背番号が44でしたが、今年から33番になりましたDFの成瀬竣平です。よろしくお願いします」

Q:今季の意気込みは?
「1年目からリーグ戦に絡んで、プロ初得点をしたいと思います!」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「自分たちを支えてくださっているサポーターの皆さんと、多くの勝利を分かち合えるように頑張っていきたいです」

菅原由勢選手
「皆さんこんにちは。去年は背番号が41番だったんですが、今年は24になりました。DFの菅原由勢です。よろしくお願いします」

Q:今季の意気込みは?
「個人的には去年、特に前半戦で悔しい思いをしているので、その分を返せるようにしっかり公式戦に出て、そして皆さんと勝利の喜びを味わいたいと思います」

Q:サポーターの皆さんへのメッセージを。
「昨シーズン同様の本当に熱い声援が、チームの力にも選手の力にもなると思うので、そうやって最高のものを作り上げて、サポーターの皆さんも含めて日本一になれるように頑張っていきましょう。よろしくお願いします」

●マテウス選手
「(日本語で)コンニチハ。大宮アルディージャから来ましたマテウスです。全力を尽くしてチームのためにがんばります」

Q:Jリーグでのキャリアも長くなりましたが、日本語はどれぐらい?
「(日本語で)20パーセント(笑)」

Q:日本には慣れましたか?
「自分にいろいろなことを教えてくれる国でもありますし、すごく好きになりました。いまこうして日本にいられるのもすごく幸せですし、家族もすごく好きなので、とても気に入っています」

Q:グランパスの印象は?
「他のブラジル人選手からも良いことをたくさん聞いています。特に以前いたグスタボ選手からもいろいろと良い部分を聞いていますし、実際に来てみて良い場所だなと思いました」

Q:ジョー選手のような選手とプレーすることについては?
「やはり元ブラジル代表の選手ですし、クオリティの高い選手なので、自分も精一杯の力を出してチームに貢献できるようにしたいですね」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「(千葉や吉田、米本の後で)今のは真似できないんですが(笑)。でもみんなが言った通り、今年はタイトルを取りたいので、偉大なサポーター、偉大なクラブに見合うタイトルを取りたいと思います」


●米本拓司選手

「こんにちは。FC東京から移籍してきました米本拓司です。タイトルを取るために来ました。よろしくお願いします」

Q:初の移籍になるのですね。今まで青だったユニフォームが赤になりますが。
「そうですね。まあ青赤だったので、一応赤も入っていました(笑)。本当にこのユニフォームが似合う男になりたいですし、このチームにはタイトルを取るために来たので、少しでも貢献できるように頑張りたいです」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「ファン、サポーターの一緒にタイトルを取るために頑張りたいと思います。(千葉と吉田の後で)…行くぞ名古屋!!(笑)」

●吉田豊選手
「皆さんこんにちは。サガン鳥栖から移籍してきました吉田豊です。よろしくお願いします」

Q:今年の意気込みをまずは聞かせてください。
「意気込みは、ヨネと一緒ですけどタイトルを獲りに来たので、僕の持っている力を全力で出したいなと思います」

Q:移籍リリースのコメントに“猪突猛進”とありましたが。
「まあ、猪突猛進だと真っ直ぐにしか進めないですけど、僕は右と左もできるので(笑)。でも、まっすぐ先を見てサポーターの皆さんに愛される選手になれるように、突き進んでいきたいです」

Q:注目のポイントがあればぜひ。
「お尻(笑)」

Q:え、その心は?
「…? あの、5分くらい前に言ってもらえたら…(笑)」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「そうですね、早く試合に出られるようになりたいと思います。(千葉の後で)行くぞ名古屋!!」

千葉和彦選手
「(マイクチェックで)あ!あ! (その後マイクを隠して地声で)こんにちは! サンフレッチェ広島から来ました千葉です!早く赤の似合う男になりたいと思います。よろしくお願いします!!」

Q:ピッチ内外で注目されています。どうでしょうか、この景色は。
「いやあ、“赤”はけっこう広島でも見慣れているんですが、また違った…新鮮ですね。あの、カープって意味ですよ。すいません、これ広島だとドッカンドッカンなんですけど(笑)。早く赤が似合うようになりたいです!」

Q:でも紫も同じ系統の色ですし。
「ああそうですね!でも新鮮ですし、先ほども言ったように赤の似合う選手になりたいです!」

Q:既に馴染んでいる感もありますね(笑)。
「ああそうですか。そう言っていただけると嬉しいですし、もうここ引退した後には、そこ(司会の座)に立てればなと思っています」

Q:このチームでの役割をどう考えていますか。
「コメントも出させてもらいましたけど、チームがピッチ内外でうまく回るような助けができればなと思っています」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「皆さんと一つでも多くの勝利や喜びを共有できればなと思います。…いくぞ名古屋!!」

●赤﨑秀平選手
「こんにちは!川崎フロンターレから来ました 赤﨑秀平です。持てる力をすべて出して、このチームに貢献したいと思います。よろしくお願いします」

Q:チームの面ではやりづらさはないと思いますが。
「そうですね、昔から風間監督とはやらせてもらっていますし、名古屋からのオファーを受けた時には最初に風間さんの顔が浮かびました。早く会いたいなと思っています。まだ、会っていないんですよ(笑)。緊張しています」

Q:客観的な目から見た名古屋の風間サッカーはどうでしたか。
「前のフロンターレにも素晴らしいものを植え付けていたと思いますし、試合の時には必ず挨拶に行かせてもらっていたので、また練習でああいうサッカーを練習するのをすごく楽しみです」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「1日でも早くピッチに立って、勝利のためにプレーしたいと思います。よろしくお願いします」

●伊藤洋輝選手
「こんにちは。ジュビロ磐田から加入しました伊藤洋輝です。よろしくお願いします」

Q:今の心境は。
「いやあ、まあ、あの、名古屋のサポーターの皆さんはすごく熱いと思っていました。あの、他の皆さんがすごいので、自分は落ち着いてみました(笑)」

Q:菅原選手とは面識もあったかと思いますが。
「そうですね。ブラジル遠征の前にオファーを頂いたんですが、相当に悩んで相談したんです。でもあまりサッカー系のことを教えてくれなくて。仲はいいんですが、どこに住めばいいのかという話で盛り上がってしまいました…」

Q:ではサポーターの皆さんへのメッセージを。
「早くスタジアムで名古屋グランパスのために戦えるようにしたいです。よろしくお願いします」


●風間八宏監督
「皆さんこんにちは。移籍の選手たちが濃いですね(笑)。でも面白いチームになりそうです」

Q:まずはどのような年末年始を過ごされましたか。
「まあ大森との話が多くて(笑)。いろんな話をして、少しだけ家族と人のいないところに行きましたけど、それ以外はもうほとんど。あとは子どもたちとちょっと合宿のようなことをしたり。あとは次のシーズンのことを強化部と話しながらでしたね」

Q:劇的なJ1残留の日、以降すぐに今シーズンの話をしていたのですか。
「もちろんそうですし、プロの組織である以上、そこだけでなくチームがどんどん変化しなければいけないので、強化などを含めて横に話をしながら常にやっています。そういう意味ではすごく風通しのいい組織ですし、近くにいるというのがいいですね。隣りで話ができるので。もちろん目先の試合の話もしますけど、先に向けての話もしなければいけないので、そういうことみんなでやっていました」

Q:改めて昨シーズンを振り返るといかがでしたか。
「スタートのところで言えば、実際は自分たちの中では最初から若手も含めて、グランパスの下部組織も合わせて全部がグランパスということでスタートしました。結果はなかなか出ませんでしたけど、その中で得たものもたくさんありましたし、それから強さを一番感じたのは選手たちが諦めなかったことですね」

Q:今季の補強については?
「キャラクターが濃いね(笑)。そこまでリクエストはしないけど、元から知っている選手もいます。みんなしっかりしているので、そこは一番良いところです。すごくありがたいのは、昨シーズンの中断期もそうでしたけど、勇気をもってなおかつ大きなチャレンジ精神をもって来てくれる。名古屋の選手はみんなそうですけど、自分が上手くなりたい、自分がやるんだと思ってくれている。ですからこれから何が始まるかといえば、クラブの中の競争が始まる。今まで以上にトレーニングの中の空気がどこまで張り詰めたものになるか、そこに期待しています」

Q:若手もベテランもそうですね。
「これはいつも言っている通り、若手だベテランだというよりも、競争する中で言い訳ができない空気になります。若い選手が見られるというのはすごく良いことですし、逆にベテランもそう。練習中にケンカになってオレが止めに入るくらいでもいい。そんな選手はウチには一人もいないと思いますが。年齢は関係ないし、できないならできるようになればいい」

Q:風間監督のサッカーを体験済みの既存の選手たちについては?
「もう一つ上の質を求めてほしいですね。やること、僕らが言っていることというのはそんな簡単なものではないです。例えば“止める、蹴る”ということも100回やって100回成功させるのはメッシでもできませんから。でも、そこを目指してほしいですし、それができる選手たちだと思います。試合で勝つために、試合が楽しくなる質を一人ひとりが目指してほしい」

Q:3年目の節目のシーズンですが、今シーズンの目標は?
「皆さんには昨シーズンはハラハラさせましたが、ですけど着実につまづきなく進んできているとは思います。今年は一番大事なことになるのはまず全員が1年を通してピッチに立ち続けること。逃げずに、ケガをせずに。これを目指していきたいと思います」

Q:これからのキャンプで重視することは?
「まずはいろんな選手が、システム関係なく動くこと、11人が自由に動いて戦う。そういう意味では個人の技術、戦術がなければいけない。まずは頭をリセットすること。もしかしたらこの2年間でやったこともリセットする、変えるようなことも考えています。そういったことにトライしていきます」

Q:今季のスローガンは“貫く”ということになりましたが。これは監督の心に響いたのでは。
「みんなそう言ってくれるんですけど(笑)、監督という仕事は良い時も悪い時もやることは同じなんですよ。しっかりやるべきことをやる。そういう意味では貫いているというよりも、ちゃんと仕事をしているだけなんです」

Q:名古屋という環境には慣れましたか。
「…慣れていないですね。なぜかと言えば、サポーターの皆さんもメッチャ変化しているから。そこには慣れない方がいいのかもしれないですね。グランパスというのはホームでは当たり前ですけど、スタジアムのどこからでも同じ声援を送ってくれるじゃないですか。アウェイでもまず僕らが会場入りすると聞こえてくるのはグランパスのサポーターの声なんです。すごいですよ」

Q:さて3年目の目標はいかがでしょうか。
「もちろん上にいたいですよね。自分たちの規模ではACLを常に争わないといけないです。まず自分たちが力をつけて、そこを目指して戦っていきたいと思います。ですけど、いつも言うように目先の試合しかないんです。そこのところは今までと絶対に変わらず、大きな試合も小さな試合も作らず、選手たちとともに、しっかり戦っていきたいなと思います」

Q:では最後にサポーターの皆様へのメッセージを。
「昨シーズンは本当にありがとうございました。皆さんにはハラハラさせましたが、これが意図的にできたのならばいいんですが、全力でした。今年はハラハラを少なくして、ドキドキとワクワクを増やしていきたいと思います。今までと同じように、今まで以上に、応援してください。よろしくお願いします!」


●ジョー選手
Q:2年目のシーズンを迎えました。お気持ちはいかがでしょうか。
「コンニチハ。本当に昨年は辛い思いをした時期があり、その時にサポーターの皆さんは支えてくれました。それで最後の最後に残留できましたが、自分も6ヵ月ぐらい、適応する時間が必要でした。今年は昨年以上に戦っていきたいと思います」

Q:得点王、得点についてはいかがでしょうか。
「このすごく難しいJリーグというリーグで得点王になれたことは嬉しいです。ゴールはいろいろな選手のアシストのおかげなのですごく感謝もしています。今年も多くの点を決めていきたいと思います」


●杉森考起選手
Q:おかえりなさい。帰ってきた感想は?
「えーと、初めて名古屋を離れて、新しい発見がたくさんあって。よかったです。やっぱり町田は球際の強さやチームのために走ることをすごく大切にしていたので、僕自身、そういうところを大事に感じるようになりました」

Q:帰ってきた名古屋は何か違って見えましたか。
「いや、ずっと名古屋は変らないです」

Q:今季の意気込みは?
「皆さんの前でゴールを決められるように頑張ります!」

●宮原和也選手
Q:今年から完全移籍に切り替わりましたが。
「そうですね。完全移籍にしていただけたということで、やっとグランパスの一員になれた気がします」

Q:心持は変りますか。
「そうですね。覚悟と責任をもってやっていきたいです」

Q:意気込みをお願いします。
「シーズンを通してしっかり成長できるように、そして結果を出せるように頑張っていきたいです。応援よろしくお願いします」

●シャビエル選手
Q:今季から完全移籍になりましたが。
「コンニチハ。とても嬉しいですね。日本に来てからというもの、皆さんに支えていただきました。今年も全力を尽くしていいプレーをしていきたいと思います」

Q:名古屋での生活も3年目になりますね。
「すごく馴染んでいます。この生活は大好きです。栄に行って食事をしたりするのがお気に入りですね」

Q:“名古屋めし”は何が好きですか?
「名前は忘れましたが、名古屋特有のソースがあって、それがとてもおいしかったです」

Q:それはいったい…?(笑)。ミソですか?
「豚肉にかけるソースなんですが…もしかしたら騙されたのかもしれませんね(笑)」

Q:3年目の意気込みを。
「去年は本当につらい思いをしましたが、チームは強くなれたと思います。今年も全力を尽くして、良い成績を残せるよう頑張りたいと思います」

●金井貢史選手
Q:オフはどのように過ごされましたか?
「オフですか。ハワイに行っていました」

Q:リフレッシュできましたか。
「はい。でも家族サービスで子どもと遊んでいたので、良いトレーニングになりました」

Q:昨シーズンはいかがでしたか。
「昨シーズンは点を取らせていただきましたし、感謝していますね。苦しいシーズンだったので、今年は上位争いをして、違う意味でハラハラさせたいと思います」

Q:今年の目標は。
「ケガしないでしっかり1年戦って、昨年以上に得点をしたいと思います」

●前田直輝選手
Q:昨季はいかがでしたか。
「オフの話じゃないんですか?(笑)。昨シーズンを超えられるように頑張りたいですね。チームメイトに助けられて僕自身のキャリアハイになる7得点を決められましたが、今年はもっと良い成績が残せるように日々努力します」

Q:オフは?
「貢史くんと同じくハワイにも行きましたし、貢史くんの家にも遊びに行って、楽しい時間を過ごさせていただきました(笑)」

Q:新加入の選手も多いシーズンです。
「そうですね。すごい選手ばかりで挨拶する時は緊張しましたけど、キャンプを通してコミュニケーションをとって、良いサッカーをできるようにしたいです」

●ランゲラック選手 ※ビデオメッセージ
「グランパスファンの皆さんこんにちは。今シーズンから背番号1を着用することになりました。私にとっては大変な名誉であり、楢崎選手から受け継ぐことは大変な責任もあります。楢崎選手はクラブの、そして日本のレジェンドです。重責のかかる立場で臨むシーズンですが、クラブが、そして楢崎選手が誇ってくれるようなプレーをしたいと思います。私にとって昨シーズンは初めての日本でのシーズンで、彼には大変助けていただきました。クラブに馴染めるようにサポートもしてくれました。トレーニングで一緒に切磋琢磨もしました。本当にありがとうございました。楢崎選手の今後の人生に幸運を祈っています」


丸山祐市選手 ※新キャプテン
「皆さんこんにちは。先ほど監督から今シーズンのキャプテンに任命されました、丸山です。今年はしっかり優勝争いをできるように、風間監督のもと、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。皆さんにはスタジアムを満員にしてもらって、一緒に笑って終われたらと思います。今年もよろしくお願いします!」

以上。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで名古屋のホームスタジアム「パロマ瑞穂スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
パロマ瑞穂スタジアム(名古屋グランパス)