【G大阪 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:ピッチでの借りは、ピッチで晴らす。高宇洋はチームの勝利のために、中盤で汗をかく。

2019年3月12日(火)


昨年夏に宮本恒靖監督が就任すると同時にトップチームに昇格。先発出場7試合を含め、明治安田生命J1リーグ12試合に出場した。結果的に、MF今野泰幸がケガから復帰するタイミングで控えに回ることが増えたが、以降もトップチームに定着し、今季もその流れは継続している。しかもキャンプからアピールを続ける中でJ1リーグ開幕戦では先発のピッチに立った。

だが結論から言って、横浜F・マリノス戦は高にとって苦いスタートになった。開始わずか1分で先制点を奪ったものの、その2分後に横浜FMに同点弾を許してからは後手を踏む展開が続き、2失点目については高自身の対応の甘さから天野純に振り切られ、挙句にはクリアミスを相手に拾われゴールを許してしまう。その後も中盤でのプレッシャーがかからないチームは前半のうちに3失点目を失い、2-3で敗戦ーー。その日の夜は悔しさから眠れず5度も試合のDVDを見直した。
「試合を終えた日の夜に、最初は全体的に流れを見て、そのあとは、自分にフォーカスして、失点した状況の自分のメンタルを思い出しながら、とか、どういう判断をすべきだったか、自分の考えとすり合わせながら見ました。試合後にはいつも自分のプレーを見直しますが、5回も見たのは初めてです。ただ、悔しさは残ったとはいえ、ガンバ大阪U-23でプレーしていた時は、今回と比べ物にならないくらい悔しい思いをしていたので。それに比べたら、こういう舞台でプレーさせてもらっている自体、すごくありがたいし、当時を思い出せば切り替えるのも難しいことじゃない。次、またチャンスをもらった時にしっかり結果を出せるようにやっていきます」

その言葉に嘘はなく、翌週のトレーニングから気持ちは切り替えた。第2節の清水エスパルス戦では先発落ちはおろか、控えメンバーからも外れる屈辱も味わったが、宮本監督の「ガンバでレギュラーに定着するのは簡単なことじゃない」という説明に対しても「チーム内の競争を考えても、パフォーマンスが悪ければ外されるのは当然」と真摯に受け止めた。
と同時に、そうした反省はピッチで晴らす決意だ。YBCルヴァンカップ第1戦のジュビロ磐田戦では再び先発出場のチャンスを掴んだが『勝利』につなげられなかっただけに尚更、今節への思いは強い。
「自分のパフォーマンスも大事ですが、一番はチームが勝つために力になること」

兼ねてから繰り返し語っているその言葉を胸に、ホームの地で、屈辱を晴らすチャンスが迫っている。

文:高村美砂(G大阪担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月13日(水)19:00KO パナスタ
ガンバ大阪 vs 松本山雅FC
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.8)

スタジアムナビ

移籍情報