【岐阜 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:6戦ぶりの勝点3へ。FW山岸祐也は現状打破を期す

2019年4月13日(土)


岐阜は前節・愛媛戦に敗れ、現在5戦未勝利の状況だ。岐阜で2季目を迎えるFW山岸祐也(写真)は「勝てていないここ数試合は得点が「1」しか取れていない」と前節・愛媛戦後に反省の弁。今節・長崎戦に向けて「(前線からのプレッシングなど)マストなことをしつつ、プラスαを出していかないと」とチームの立て直しを掲げる。

昨季はリーグ後半戦でサイドハーフのポジションを射止め「求められるプレー、そこからもう一つ上のプレーが出来るようになりたい」とのパフォーマンスで不調にあえいだチームの立て直しに貢献した山岸。今季はセンターフォワードにポジションを移して攻守に体を張る。「((前線から)プレッシャーをかけていくことや(後方から)ボールを受けるところ(回数や受け方)は非常に良いと思います」とは指揮官の大木武監督の言葉。豊富な運動量やスタミナ、判断力が要求される岐阜のFWとしての役どころを勤勉にこなしている。

一方で、得点だけが取れない現状の課題にも目を逸らしてはいない。前節・愛媛戦を振り返り「チャンスはあったが決め切れなかった。もっとゴールやアシストを増やさなければいけない。流れからチャンスを作ることはできている(のだから)」と自身への怒りを隠さず。公私ともに仲の良いMF風間宏矢とのコンビネーションにも触れ「宏矢には『(自分の動き出しを)ずっと見ていてくれ』と言ってあるし、パスは来る。そのパスを決め切らなければ、(試合には)勝てないと思います」とFWとしての責務に語気を強めた。

「最低限にやることから得点できた時は勝てている」と山岸。前線からのプレッシングや切り替えのスピード感といったチームの原点への言及に、高いモチベーションがうかがえる。現状打破へ、今季まだ負けのないホーム戦となる今節。自身の言葉を体現し、岐阜を6戦ぶりの勝点3へと導けるか。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月14日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs V・ファーレン長崎
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

移籍情報