【広島 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:柏好文の存在が頼もしい。一段と大きく見える背番号18の背中

2019年4月18日(木)


今季も紫の背番号18は頼もしい。例年以上に頼もしさが増している印象さえある。

渡大生のダイナミックなボレーシュートを2発が印象的だった神戸戦の勝利も、柏好文(写真)の存在がなければつかみ取ることはできなかっただろう。15分にセットプレーから失点し、「失点が少なかった分、1点取られたときのショックは大きかった」(川辺駿)。チームには嫌なムードが漂ったが、8分後に柏が相手のミスを逃さず得点につなげて払しょくしてくれた。

チームは再びセットプレーから失点してビハインドで前半を折り返すことになったが、後半に反撃の旗手となったのも柏だ。野津田岳人や佐々木翔と連係して左サイドで起点になって神戸を自軍に押し下げただけでなく、チャンスと見るやゴール前に飛び込んでいく。ゴール前の混戦の中でボールをゴールマウスに流し込んでゴールラッシュの口火を切ってくれた。

柏の存在感は攻撃面だけにとどまらない。今季は全員が当事者意識をもってほしいという城福浩監督の意向でキャプテンと副キャプテンを置いていないなか、ゲームキャプテンを任され腕章を巻いてプレーしている柏が率先してチームを引っ張っている。

「今年はみんなでやっていくスタイルでやっているし、チームがしんどいとき、きついときに力になれるような選手でありたい」。手を叩いてチームメイトを鼓舞し、声を掛けて意思の共有を図る背番号18の姿がある。

背番号18の背中が今季は一段と大きく見える。FC東京をエディオンスタジアムに迎える首位攻防戦も、柏がチームをけん引してくれることは間違いない。

文:寺田弘幸(広島担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
4月19日(金)19:00KO Eスタ
サンフレッチェ広島 vs FC東京
エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島)
みんなの総合評価 (2.7)
臨場感 (2.3)
アクセス (1.6)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (2.6)