【福岡 vs 山形】 ウォーミングアップコラム:最終ラインのユーティリティプレーヤー實藤友紀の想い

2019年4月26日(金)


リアクションサッカーからアクションサッカーへの転身を図り、攻撃的なサッカーを展開する福岡にあって、後方から攻撃をサポートするユーティリティプレーヤー。それが實藤友紀(写真)だ。

SBでプレーするときは積極的に高い位置にポジションを取ってビルドアップの起点となり、攻撃の厚みを持たせるために積極的に前線に駆け上がる。CBとしてプレーするときは最終ラインを統率するだけではなく、常に前へのプレーを意識して、時に積極的に攻め上がる。もともと最終ラインならどのポジションでもこなすプレーヤーではあったが、今シーズンは、ファビオサッカーの良き理解者として、その高い能力をいかんなく発揮している。

そして今シーズンは例年とは一味違った雰囲気を身にまとってピッチに立つ。

「複数のポジションをやることもあって、自分がやらなければいけないというか、チームを引っ張っていかなければいけないと思っている。苦しい状況の中では、後ろからどんどん声をかけながらやることがすごく大事になってくると感じているので、その部分の責任感というのは、去年、一昨年よりも強く感じている」

若い選手に対して積極的に働きかける姿も印象的だ。宮崎キャンプでは、一つひとつのプレーのたびに丁寧に話しかけた。

「若い選手はなかなか声を出せなかったり、周りに遠慮をして指示を待ってしまうようなところがあるが、そうではなくて自分からやるということを習慣づけないと試合ではできない。練習が終わった後や、試合中に、声をかけること、周りに要求するということは細かく話をしている」

総勢24名という少数で戦うチームだからこそ、全員でチームのレベルを上げていく必要があると感じているからだと話す。

さらに次のように続ける。

「若い選手が試合に出て活躍するというのがチームとして勢いにつながる。人に指示を出して動かすというのは難しいと思うが、それができないと自分自身も苦しくなるし、チームとしても難しい状況が出てしまうし、逆に声で防げるところもたくさんある。遠慮する必要はないし、たとえ間違っていたとしても、そこは修正すればいい。まずは声を出して気持ちを相手に伝えるということから取り組んでいけば、若い選手も、もっと変われるはず」

そして、若い選手たちが成長しているのを確実に感じるとともに、それを刺激にして自分自身をも厳しく見つめる。

「自分も負けないようにしないといけないし、自分がきちんとやらないと若い選手に言うこともできなくなる。しっかりと自分のプレーをやりながら、周りにも声をかけながらやっていきたい」

そんな想いを持ってピッチに立ち続ける實藤友紀。そのプレーからは目が離せない。

文:中倉一志(福岡担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月27日(土)12:00KO 博多陸
アビスパ福岡 vs モンテディオ山形
東平尾公園博多の森陸上競技場(アビスパ福岡)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.3)