【仙台 vs 広島】 ウォーミングアップコラム:大胆さを増した永戸勝也が、チームを浮上させる勝利を目指す

2019年5月11日(土)


仙台は4月24日のJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節・鳥栖戦以来、基本フォーメーションを4-4-2にして戦っている。スタート時の立ち位置は大きく変わったものの、そこから連動して攻守を機能させる原則に大きな変化があったわけではない。ただし、攻守の約束事が整理されたことで、動きから迷いが取り除かれた選手も多かった。

永戸勝也(写真)は、そのような選手のひとりだ。これまでの3-4-2-1や3-5-2でウイングバックや3バックの左を務めたときも、自らの長所を活かしてきた。だが、4-4-2の左SBでプレーするようになってから、大胆さが増した。

ルーキーイヤーの2017年から、ダイナミックなプレーは見せている。思いきった攻め上がりや、強く速いクロスにサイドチェンジ、利き足と逆の右足から放つ強烈なミドルシュートなどでスタジアムを沸かせてきた。だが、最近の永戸はその大胆さを“取り戻した”というより、以前より高いレベルで“加えた”と表現した方が適切かもしれない。

ただし、明治安田J1リーグ戦の直近2試合での永戸は、浮き沈みが激しかった。J1第9節・G大阪戦では、プロ初ゴールを決めるなど活躍。しかし続く第10節・川崎F戦では、勢いよく出た裏を突かれたり、対面するドリブラーに押し下げられたりと苦しんだ。

今節は、ホームで下位脱出を狙うチームと同様に、永戸自身も状況を好転させるため勝利を目指す試合となる。守備組織の手堅い広島に対して「隙は必ずあるので、逃さず突いていきたい。相手が守備をはめようとしてきても、周囲のポジションと三角形を作るなどして崩したい」と、連係の中で自身の持ち味を出そうと展望する。

相手の広島には、昨季まで約一年半にわたり仙台に期限付き移籍していた野津田岳人がいる。同い年の永戸は仲良くしていたひとりで、今回の対戦が楽しみだという。昨季まで野津田とともに務めてきたセットプレーのキッカーとしても「最近の試合でも、トキ(常田克人)とか味方とうまく合っている感覚があります。ホームでゴールを狙いたい」と意気込む。

大胆なプレーに磨きをかけ、永戸は令和初にして5月唯一のホームゲームで勝利を目指す。

文:板垣晴朗(仙台担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
5月12日(日)13:05KO ユアスタ
ベガルタ仙台 vs サンフレッチェ広島
ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (4.8)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.6)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報