【清水 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:川崎Fのサッカーを知り尽くすエウシーニョ。難敵の古巣を倒すビジョンとは

2019年5月11日(土)


一時は2連勝して波に乗れたかと思われた清水だが、ここ2試合はどちらもノーゴールで連敗(0得点/5失点)。とくに前節の鹿島戦は内容的にも完敗で、水曜日のルヴァンカップ・G大阪戦にも1-3で敗れている。その中で迎える2年連続J1王者・川崎Fとの対戦は、今季の中でもまさに正念場となるだろう。

そんな難しい状況で頼りになるのは、昨年まで川崎Fで主力として戦っていた右サイドバック、エウシーニョ(写真)の存在だ。
DFとは思えないほど高い技術や戦術眼、得点力などを持つブラジル人は、徐々に清水に馴染み、攻撃の起点やボールポゼッションの担い手として大きな役割を果たし始めている。ゴールにつながるプレーも増えてきた。本人は「結果が出ていないので、まったく満足できていない」と言うが、だからこそ今回の古巣対戦を良いきっかけにしたいという思いが強い。

「フロンターレは来日して最初に入ったチームで、良い思い出もたくさんあるし、重ねてきた歴史もあります。でも、今は清水で新しいページを作りたいと思っています。僕らがフロンターレに勝てば、大きな自信につながるし、波に乗れると思うので、エスパルスの選手全員が一丸となって、勝点3を取ることだけに集中して戦いたいです」(エウシーニョ)

もちろん、川崎Fとどう戦うべきかということもわかっている。
「3人目が絡んだコンビネーションで突破してくるのが相手の狙いだと思いますし、それを防ぐためにはまず自分たちがコンパクトに守らなければいけないと思います。そして、そこからタイミングを計ってプレッシャーをかけに行くことが大事だと思います。間違ったタイミングでプレッシャーに行くと、プレッシャーをはがされたときにスペースが空くので、逆に危ないシーンにつながってしまいます。プレッシャーをかけるなら、全員でタイミングを合わせて連動してやらなければいけないと思います」(エウシーニョ)

エウシーニョの前でプレーする右MFの金子翔太も、同様のことを指摘する。
「うちは4-4のブロックを作って、ゾーンでしっかりと守るというスタイルですけど、自分のポジションを空けてボールを奪いに(ゾーンから出て)行くという回数は少なくなりがちです。ただ、鹿島戦でもそうでしたが、ゾーンで立って待っているだけだとずっと回されてしまう。ボールを奪わないと点も取れないので、攻めの守備というかボールを奪うんだという姿勢を1人1人が持たないといけないと思います」(金子)

川崎FはJリーグの中でもっともポゼッション能力が高いチームのひとつ。そのうえで、アタッキングサードで相手の守備ブロックを崩す能力も高い。したがって、押し込まれてパスを回される時間が長くなりすぎると、守備で体力を消耗させられて徐々にスペースが生まれ、いずれ押し切られてしまう可能性が高くなる。それだけでなく、カウンターに飛び出す体力を奪われてしまうことにもつながる。
そこがわかっているからこそ、エウシーニョも金子も「いつ、どうやってボールを奪うか」という部分が重要だと考えている。この戦いが正念場と言える理由のひとつに、清水の守備戦術が問われるという側面もある。
エウシーニョが言うように、タイミングを計って全員が連動してプレッシャーをかけるという部分が、アイスタのピッチ上でどれだけうまく表現できるかに注目したい。

それによって狙い通りにボールを奪う回数を増やすことができれば、逆に清水の武器であるショートカウンターが大きな威力を発揮する。とくにドウグラスのコンディションが上がってきて、水曜日のG大阪戦で今季初ゴールを決めたのは大きい。もちろん、北川航也も鄭大世もカウンターの場面で頼もしい存在だ。
さらにエウシーニョも、奪ったボールをカウンターにつなげるパスの出し手としても大いに期待できる。
「川崎Fも完璧なチームではないし、必ずスペースが空きますし、穴もあると思います。相手の守備が広がった状態でうちが攻撃できれば、必ずチャンスができると思います」(エウシーニョ)

相手の隙を突くという“眼”の部分も、エウシーニョの持ち味のひとつ。古巣のサッカーを知り尽くした超攻撃的サイドバックが、どう川崎Fの急所を突いていくのか。そこも大いに楽しみにしたい。

文:前島芳雄(清水担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
5月12日(日)14:00KO アイスタ
清水エスパルス vs 川崎フロンターレ
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.6)
アクセス (2.7)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)