J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【岡山 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:「より感じ取ることが出来る」ポジションにいる武田将平。

2019年5月31日(金)


プロ3年目。前節・栃木戦で初めてキャプテンマークを付けてプレーした。試合当日、ゲームキャプテンを言い渡された時、「びっくりしましたが、やることは変わらないと思っていたので」と言う。「やること」とは、ゲームにもトレーニングにも、全員がリーダーシップを持って臨むこと。いつもと変わりがない。

しかしながら、今回のキャプテンマークには有馬賢二監督からのメッセージも込められていたようだ。「成長しているから付けさせた。今回、いろんなことを感じただろうし、これをきっかけに、チームを引っ張って行くように努力して行くと思う。そういう思いも込めて託した」と有馬監督。

今年の岡山のキーワードのひとつが、「個人とチームの成長」。成長を続ける象徴的な選手であり、彼の成長が、チームの最終の勝点を左右することもあり得る。栃木戦は、イ ヨンジェのゴールで先制したが、追いつかれ引き分けに終わった「得点した後の戦い方で悔やまれるところがある。失点も自分が冷静に対応すれば何ともなかった場面だったと思う。得点後にコントロールしきれなかったことも、失点も本当に悔しい」。

「臨機応変に、相手の嫌がることをするのが一番。相手がシステムを変えた時、それをしっかりと感じて、こちらもやりきるべきだった。真ん中にいる自分たちには、それが見えているし、感じ取ることが出来ると思う。だから発信できるようにしていかなくては」。

今節は2016年5月以来、勝点3を奪えていない相手、愛媛との対戦だ。気になる選手は、「ヨシキ(藤本佳希)」と、ひと言。「愛媛は、自分たちのペースで、自分たちの形を持っている。やりたいことをやろうとしてくるという印象です。ヨシキとの対戦は楽しみです。彼の良いところを皆、わかっていると思うので、前線で起点になるのを上手く消すことは大事になると思います」と語る。

文:尾原千明(岡山担当)


明治安田生命J2リーグ 第16節
6月1日(土)18:00KO Cスタ
ファジアーノ岡山 vs 愛媛FC
シティライトスタジアム(ファジアーノ岡山)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.2)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集