【G大23 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:キャプテンマークを任された松田陸。その責任を胸に最後尾からチームを牽引する。

2019年6月8日(土)


ここ最近、キャプテンマークを巻いていたDF野田裕喜の育成型期限付き移籍が発表された直後の藤枝MYFC戦。試合前に森下仁志監督からキャプテンマークを渡された。そこに言葉はなかったが、気持ちはしっかりと受け取った。

「キャプテンマークは、ロッカーにいる時に、仁志さんにポンポンって叩かれて『はい』って感じで渡されました。最初は何か試合に向けた指示かなと思ったら、目の前にキャプテンマークがありました。言葉は特になかったですけど…僕なりに後ろから、しっかり戦ってチームを引っ張っていけ、というような意味だったと受け取りました。今年に入りガンバU-23のキャプテンマークはマルくん(市丸瑞希/5月1日にFC岐阜に育成型期限付き移籍)、野田くんが巻いてきて、チームを引っ張ってきてくれましたが、彼らに負けないように、任された責任をしっかりプレーで果たしていきたいと思っています」

その藤枝戦では、立ち上がりの5分という早い時間帯に失点を許す展開になったものの、気持ちを切らさずにラインコントロール。相手のエースでJリーグでの経験値も高いFW森島康仁らをしっかりと封じながら、かつ、時に思い切りのいい縦パスを狙うなどして攻撃への意識強く試合を進め、逆転勝利に貢献した。

「先発メンバーにはユースの選手も多かったけど、今日の試合で、練習をしっかりやっていれば誰が出ても結果を出せるということがわかった。キャプテンマークも巻いていたし、若い選手も多かったので『自分がやらなきゃ』という思いは強かった。ここで結果を残せばトップにも繋がるだろうし、実際にそれは今、トップチームで試合に出ている亮太郎くん(食野亮太郎)や湧矢(福田湧矢)たちが証明しているので。彼らがああやってトップチームでプレーしているのは刺激にもなるし、僕も負けていられないという気持ちになります」

前橋育英高校3年生時に出場し、全国制覇を実現した高校サッカー選手権ではセンターバックを務めていたが、昨年、ガンバ大阪には、高校時代も1年生時から何度も預かってきたサイドバックとしての成長を期待され、獲得された。

それもあって、昨年のJ3リーグでは、その多くを右サイドバックでプレーしたが、今年は再びセンターバックを主戦場に。とはいえ本人に迷いはなく、与えられたポジションでプレーの幅を広げ、質を高め、結果を残すことだけに集中している。今は『公式戦』という舞台を数多く経験することを成長の糧とするために。

文:高村美砂(G大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第11節
6月9日(日)14:00KO パナスタ
ガンバ大阪U−23 vs カマタマーレ讃岐
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪U−23)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報