【山口 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:ゲームを動かす三幸秀稔の「チャレンジ」

2019年7月6日(土)


開幕節のウォーミングアップコラムでも三幸秀稔(写真)を紹介し、2年連続のキャプテンという役職と開幕戦の内容にフォーカスした。それから半年。シーズンの前半戦を終えようとする今、彼はキャプテンの枠にとどまらず、真骨頂とも言えるゲームメークで大きな役割を果たそうとしている。

山口は6月からシステムを3-4-3に変更し、三幸は佐々木匠や佐藤健太郎とボランチを組んでいる。今節は佐々木が出場停止となっているが、一緒に出た試合では佐々木の推進力を引き出し、佐藤と組むと逆に三幸が攻撃に力を割いて、相手の嫌がる場所にボールを落としたり、自らスプリントしたりと積極的に動いている。三幸は「トレーニングからアグレッシブに自分たちのサッカーを続け、誰が出ても出た選手の特徴を生かしていく」と語り、役割が変化してもチームでゴールに向かっていくサッカーが表現できるよう最適なプレー選択を心がける。

守備に転じた局面でもクレバーに動く。昨季とは違って背後のセンターバックは若く、序盤戦では失点も続いた。苦い経験を教訓に、状況判断を研ぎ澄ましてリスク管理に注力。連戦初戦となった福岡戦では右サイドを相手に使われていたが、ボランチの並びや取りどころを先手を打って判断し、ピッチ上での解決を図った。

「後半が始まる前、円陣を組んだときにタカ(前貴之)と二人で、みんなでこうしてみようよ、こうしていかないと後ろがきつくなるよという話をした。ロッカールームでも確認はしたが、もう1回、11人で確認した。それがうまくはまった」

とはいえ、三幸の真価はやはり攻撃での展開力。くさびを入れたり、サイドチェンジのボールを送ったり、縦や斜めのパスを絶妙なコントロールで味方に渡す。福岡戦の最終盤にはFW山下敬大の動きを見極めて素早く送り、4点目をお膳立てした。

挑戦的なフィードは、決して100パーセントの成功率が約束された手突矢ではなく、常にカウンターを受けるリスクを内包する。ただ、通れば得点に直結するだけに、ボランチとしては挑戦するだけの価値がある。日に何本もできるものではないが、「仕掛けて、アシストして、結果を残して欲しい」というタスクを指揮官から預けられ、三幸はボールを動かしながら突ける瞬間の到来に備える。

「チャレンジを続けるということ。チャレンジのために走り続けるということ。そのためのメンタリティー。そういうことを(霜田正浩監督が)言ってくれているからこそできるアシストだった。チャレンジし続けさせてもらって、少しずつ結果を出すことができている」

そつなくやっているように見える山下へのフィードも、練習からの準備と、指揮官からの許容がなければそもそもの選択肢に上らない。三幸は今年、チャレンジが許される霜田イズムの中で大きな飛躍を遂げている。

今節は町田をホームに迎える。J3時代からのライバルで堅守には苦しめられてきたが、上昇を続ける山口にとって、相手の存在が大きいほど越えた先に広がる地平は広い。「この流れは止めたくない。勝てれば順位も入れ替わる。まだまだこれから」。ゲームメークを司る三幸は間隙を縫うようにパスを出してみせる。呼び込む結果は、挑戦を見守る指揮官への恩返しにも、背中を押すサポーターへの恩返しにもなる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月7日(日)19:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs FC町田ゼルビア
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報