【京都 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:いま見ておくべき選手、左サイドの疾風・小屋松知哉

2019年7月6日(土)


今節で明治安田生命J2リーグは折り返し地点を迎える。昨季は残留争いに巻き込まれて19位だった京都が、今季は20試合を終えて4位と昇格争いを演じているのは、前半戦のサプライズだった。

チームが好調な中で、選手たちも輝きを見せている。最後尾の守護神・清水圭介から、最前線で7試合6ゴールと覚醒中の一美和成まで、それぞれが特徴を出してチームに貢献している。そんな中、攻撃陣で抜群の存在感を発揮するのが小屋松知哉(写真)だ。

サイドアタッカーがタッチラインに開いてポジションをとる今季の戦術において、小屋松は左サイドを担当。サイドバックの黒木恭平や中盤の重廣卓也らとパスをつないで攻撃を構築しながら、敵陣深くのアタッキングエリアで1対1の局面になれば、スピードを生かしたドリブル突破で局面を打開してチャンスを生み出す。ボールを保持するスタイルは時に“パスを回しているだけ”というこう着状態に陥りがちだが、そうならない為の攻撃のアクセントの一つとして、今やチームのストロングポイントともいえる存在だ。本人も「コンディションがいいし、自分の特徴を出せている」と手応えを感じている。

活躍すれば、警戒もされる。試合を重ねていく中で、マークが厳しくなったり、京都の左サイドを封じ込めようとする策を講じてくる相手も出てきた。そんな状況について「その中で結果を出していかないといけない。チームメイトと連携しつつ、ゴールやアシストといった得点に絡むプレーをしたい」と乗り越えるべき壁だと認識する。そして「最後の精度ですね。前節(水戸戦)は、僕がチャンスを外してしまった。悔しさを晴らしたい」と長崎戦での活躍を誓っている。

前節は退場者を出して10人となった水戸に対して、いったんはリードを奪いながら、追いつかれてホームで悔しいドロー。ただ、ライバルたちも足踏みして、順位が一つ上がったのは救いだった。そして週半ばの天皇杯2回戦・水戸戦では、互いにリーグ戦で出場機会の少ない選手を起用する中、終了間際に決勝点を奪われて敗退している。スッキリしない水戸との二連戦を終えて、ホームに迎えるのはじわじわと順位を上げてきた長崎だ。「この夏の試合で、どれだけ(勝点を)積み上げられるかが大事になる。向上心をもって上へ行くためには、前の選手が点を取るかどうかだ」と自らに言い聞かせる。ここまでの20試合全てに先発して、得点数は4。この数字をどう評価するか人それぞれだが、本人は満足していない。フィニッシュには顔を出せており、あとは決定力だ。

サイドを切り崩してチャンスを生み出す力はJ2屈指。プロ6年目にして、飛躍の時を迎えている。挑戦を続けているチームと共に、京都が誇るスピードスターのプレーを多くの人に見て欲しい。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月7日(日)18:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs V・ファーレン長崎
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報